【最新情報】コロナ禍のタイ入国について解説(2021年10月7日現在)

タイ

ロイターのCOVID-19トラッキングサイトによると、タイの新型コロナウイルス感染者数は現在減少傾向にあり、一日あたりの平均陽性者数は10,776人となっています。
一日あたり平均陽性者数のピークは2021年8月17日で、21,157人だったのに対し、49%まで減ってきています。
パンデミック(世界的大流行)開始以降、同国では感染者1,647,362人、死者17,111人が報告されていますが、死者数の1日あたりの平均は3週間で100件以上減少しています。

*入国に関する条件等は政府指示のもと変更がありますので、必ず最新情報をご確認ください。(本記事は、2021年10月1日の時点での情報をもとに構成しております。)


コロナ禍のタイ入国について解説

   著者:gramフェロー 
公開日:2021年10月8日

1.タイにはどんな人が入国できるの?

入国は、ビザ申請と入国許可書の登録で可能となっています。現在はいずれもオンラインで行うことができます。
◇在東京タイ王国大使館:http://site.thaiembassy.jp/jp/visa/prepare/

2.出国前に準備しておくこと

①   有効なビザまたは再入国許可証の準備
日本国籍のパスポート、または、「観光ビザ免除国籍リスト」に示されている対象国籍のパスポートをお持ちの方は、2020年12月22日以降で、観光目的とする30日以内の滞在であればビザ免除が認められます(短期出張には業務ビザの取得が必要)。
◇観光ビザ免除国籍リスト:http://site.thaiembassy.jp/upload/pdf.pdf
上記に該当する方を含むすべてのタイへの渡航者は、タイ入国後の隔離措置と入国前の入国許可所(COE)の取得が必須となります。
② 英文医療保険証の準備(現在では、新型コロナウイルス感染症及び関連疾患の治療費を含む10万USドルの治療補償額の英文医療保険証)
③ 入国許可証(COE)事前承認申請:下記のリンクで流れをご確認ください(英文)。https://coethailand.mfa.go.th/regis/step?language=en
④ 航空券手配
⑤ AQホテル(代替検疫施設)予約
在東京タイ王国大使館ウェブサイトに、隔離措置施設予約方法についての案内がありますのでご確認ください。
◇在東京タイ王国大使館 2021年10月1日以降にタイ渡航予定のタイ国籍を有しない方に対する検疫隔離措置:http://site.thaiembassy.jp/jp/news/announcement/10509/
⑥ 入国許可証(COE)申請
上記③のリンクをご参照ください。
⑦ 出発前渡航前72時間以内に発行されたPCR検査(検査方式はRT-PCR検査)陰性証明書の取得(英文)
⑧ T.8 Form – タイ王国健康質問書の入力
◇フォーム(英文)のダウンロード:https://drive.google.com/file/d/1xZKSvAxrf2lV6_k-xXNJLT6hu2wm6QJ1/view
⑧ 追跡アプリThailandPlusのダウンロード、登録、必要事項の入力
◇Google Play: https://play.google.com/store/apps/details?id=com.dga.thailandplus.android&hl=en_US&gl=US
◇Apple Store: https://apps.apple.com/us/app/thailandplus/id1534557694

3.入国の際の手順について

タイ入国の際には、タイ政府指定隔離施設ホテル(AQ:Alternative Quarantine)での隔離が必要になります。
2021年10月1日以降に発行された入国証明書(COE)を保持しているすべての渡航者は、下記期間検疫を受ける必要があります(2021年10月1日より検疫隔離期間に変更あり)。なお、隔離期間中にRT-PCR法によって新型コロナウイルスの検査を2度行います。

隔離期間 条件
  7日間ワクチン接種完了証明書を保持し、タイ入国時点で接種完了から14日以上経過している者。ただし、接種したワクチンは、世界保健機関(WHO)ないしタイ保健省による承認を受けたものに限る。
  10日間世界保健機関(WHO)ないしタイ保健省による承認を受けたワクチンの接種が完了していない者。または、ワクチン接種完了証明書を保持しているが、タイ入国時点で接種完了から14日未満の者。
  14日間上記(2)に該当する者で、陸路でタイに入国する者。

上記の変更に伴い、「プーケット・サンドボックス」、「プーケット・サンドボックス・エクステンション7+7」、「サムイ・プラス」は7日間滞在以降は自由にタイ国内を移動可能になります。
サンドボックス・プログラムとは、ワクチン接種済みの外国人旅行者を隔離無しで受け入れる制度のことです。

また、在タイ日本国大使館によると、下記の留意事項、例外規定が定められています:

留意事項
(1)一般的なワクチン接種の対象外である18歳未満の者については、両親などの保護者同伴の下で入国を認める。健康観察期間は保護者と同様とする。
(2)海路での入国の場合、船内に一人でもワクチン接種が完了していない者が含まれる場合、すべての船員・乗員について、10日間の健康観察期間が課される。

例外規定

以下の者は、上記の例外とする。

(1)首相により許可ないし招待された者。外交使節団、領事団、国際機関もしくはタイ国内で活動する外国政府ないしは政府機関の代表。また、これらの家族。
(2)原油を輸送するタンカーの船員や洋上採掘施設の作業員、および、タイ運輸省が定める船舶の船員。
(3)タイ国内の拠点を有さない航空機ないし船舶の運行者で、タイ国内の滞在期間が7日未満の者。
(4)タイ国内に拠点を有する航空機の運行者ないし船舶の運行者で、機材から外に出ない、ないし、12時間未満の外出を行う者。
(5)経済活性化、スポーツ、観光、教育またはそのほか活動のために許可を受けた、ないしはタイ保健省が定める個人または団体については、タイ保健省の定めに従い、健康観察および陰性証明のための検査を実施する。
(6)CCSA防疫措置緩和検討小委員会が首相に提案して承認された個人または団体については、タイ保健省の定めに従い、健康観察および陰性証明のための検査を実施する。

◇在タイ日本国大使館 タイ入国時の健康観察期間の変更について:https://www.th.emb-japan.go.jp/itpr_ja/news_20211001-2.html

4.参考リンク

在タイ日本国大使館:https://www.th.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html
在東京タイ王国大使館:2021年10月1日以降にタイ渡航予定のタイ国籍を有しない方に対する検疫隔離措置:http://site.thaiembassy.jp/jp/news/announcement/10509/
タイ渡航情報(入国に必要な渡航書類、ビザ申請、COE申請、航空券手配、AQ(隔離)ホテル手配、PCR検査等の手続き手順):https://www.tokutenryoko.com/news/passage/10598
タイ旅行はいつから行ける?:https://townwifi.com/aftercorona/country/?code=118


関連記事一覧