ウクライナ侵攻で注目される!YouTubeのライブ配信

ウクライナ情勢

2月24日に起こったロシアのウクライナ侵攻は、世界に大きな衝撃を与えた。プーチン大統領の強行姿勢に「まるで20世紀に戻ったようだ」と世界の人々はSNSなどに呟いている。
過去の戦争と大きく違うのはインターネットの発達だろう。個人の意見や思いがインターネットというツールを使い発信できたり、戦地となっているウクライナの国内の様子が定点カメラで世界にリアルタイムで配信されることなど過去の戦争では存在しなかった。
ロシアの軍事侵攻に屈することなくウクライナ ゼレンスキー大統領も積極的にSNSを使い多くの言葉を世界に発信していることも今時と言えよう。
その中でもYouTubeでリアルタイムに現地を見ることができる映像は、世界の人々に緊張感を伝え、日に日に視聴者数も増えており、ライブ配信しているチャンネルも増えている。

SNS時代のマーケティング施策「越境ソーシャルリスニング」解説まとめ

ウクライナ侵攻で注目されるYouTubeのライブ配信

著者:gramフェロー 
公開日:2022年3月6日

日本ではいち早くTBSニュースが配信

2月24日 ロシアがウクライナに侵攻を開始、世界に緊張が走り株式市場も大幅に下落した。
日本でも多くの報道がされている中、異色を放っていたのがTBS NEWSのYouTubeチャンネルが配信したウクライナ キエフのライブ配信だ。14時(日本時間)過ぎの配信では約2万もの視聴者がキエフを見守っていた。
翌日には、日本や海外のニュースチャンネルや媒体、個人がリストリームし、リアルタイムでの配信を開始した。

当日のTBS NEWSのYouTubeライブストーリミング配信のスクリーンショット
https://www.youtube.com/c/tbsnews

YouTubeでウクライナを配信しているチャンネル

日本に限らず世界のテレビ局、ニュースメディアも同様にライブ配信を開始した。映像の向こうには、穏やかなウクライナの街並みが見えるが映る人の数も日に日に少なくなってきている。時折り聞こえるサイレン、発砲音などを確認することができ、その都度、視聴者のコメントも活発になる。
キエフをリアルタイム配信しているチャンネルを一部紹介したいと思う。

チャンネル El Debate

チャンネルPolitischios.g

チャンネル Newton

チャンネル Live News Reporting

おわりに

リアルタイム配信しているチャネルは、この侵攻の現状を知ってほしい、プーチンを止めて欲しいという思いから発信している個人もいる。インターネットの発達により、真実はより多くの人々に伝わるようになった。
ウクライナ侵攻により世界の情勢は大きく変わることは間違いなく、海外でのビジネスも今までの常識が通じなくなっていくかもしれない。そのためには多くの情報収集と分析がさらに求められるだろう。

海外情報ナビ Ukraina侵攻 関連記事

<eye catching / thumbnail>
Live News Reporting – YouTube(LIVE: Kyiv City Center Cameras as Russia Invades Ukraine

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で海外情報ナビをフォローしよう!

関連記事一覧