カナダ(Canada)

カナダ

概要

10の州、3の準州からなる連邦立憲君主制国家で、イギリス連邦加盟国であり、英連邦王国のひとつである。国土はロシアに次ぎ、世界で2番目に大きい。首都はオタワ。
カナダは移民社会であり、ヨーロッパ系白人(主にイギリス系、フランス系)が76.7%、黒人2.9%、先住民4.3%、中南米系・アジア系などを含めたその他が16.2%(2011年国勢調査)。そのため公用語は英語とフランス語であるが、同調査では、200語以上の言語が母語として回答されている。
2018年のGDPは1兆7114億USドルで、一人当たりのGDPは46,261USドルと、世界で最も裕福な国のひとつである。サービス業(小売り、金融、不動産、通信など)がGDPの76%を占め、自動車産業を主とする製造業、石油・天然ガス産業、鉱業などが続く(2011年)。農業がGDPに占める割合は1.9%であったが、広大な国土をもつカナダは小麦、大麦などの穀類やアブラナの生産高が高い。

国名 カナダ(Canada)
首都 オタワ(Ottawa)
人口 37,412,852 (2019年6月推計値、カナダ統計局)
国土面積 9,984,670㎢(JETRO)
通貨 カナダ・ドル(CAD) 1CAD=78.79円(2020年6月、OANDA)
言語 英語(公用語)58.7%、フランス語(公用語)22%、パンジャブ語 1.4%、イタリア語 1.3%、スペイン語 1.3%、ドイツ語 1.3%、 広東語 1.2%、タガログ語 1.2%、アラビア語 1.1%、その他 10.5% (2011年推計値、アメリカ中央情報局)
識字率 99.0%(2014年度、knoema)
宗教 カトリック39%、プロテスタント 20.3%、 正統派 1.6%、 他のキリスト教宗派6.3%、 イスラム教 3.2%、ヒンズー教 1.5%、 シーク教 1.4%、 仏教 1.1%、 ユダヤ教 1%、その他 0.6%、宗教なし 23.9%(2011年推計、アメリカ中央情報局)
時差 UTC -3.5 から -8(日本より12時間30分~17時間遅れている)
GDP 1,711.4(10億USドル/2018年、IMF・WEO)
GDP成長率 1.83% (2018年、IMF・WEO)
1人あたりの名目GDP 46,261(USドル / 2018年、IMF・WEO)
最低賃金 時給 11.15 CAD(882.99円 / ニューファンドランド・ラブラドール州)時給 15 CAD(1187.89円/  アルバータ州 )(2019年10月、カナダ政府)
日系企業進出数(拠点数)・在留邦人 811・ 70,025人 (2017年10月、外務省)

関連記事一覧