ドイツ(Germany)

ドイツ

概要

正式名称はドイツ連邦共和国で、首都はベルリン。ヨーロッパ大陸における経済的・政治的な主要国で、GDPは4.4兆ドルを超え、一人当たりのGDPは48,264ドルである(2018年8、IMF・WEO)。
包括的な社会保障(1883年成立の疾病保険法に遡る世界最古の国民皆保険制度を有す)を特色とする非常に高い生活水準をもち、アメリカ、中国、日本に次ぐ世界第4位の経済大国。主要産業は、自動車、化学、機械、金属、電気製品などの工業。禁煙は再生可能エネルギー産業が急成長している。
社会では少子化、高齢化が進んでおり、ドイツ連邦統計局によると、2060年までに人口が6500~7000万人(2018年時点の推定人口は8,302万人、ドイツ連邦統計局)に減少すると予測されている。国民の約9割はドイツ人であるが、ドイツへの移民はアメリカに次いで世界で2番目に多く、第二次世界大戦後復興期における外国人労働者(主に東欧やトルコ)の受け入れに始まり、ドイツ再統一や欧州での難民危機などの影響もあり、増加が続いている。安価な労働力の流入がドイツ人の雇用悪化にもつながり、移民排斥運動の広がりも深刻な問題となっている。

国名 ドイツ連邦共和国  (Federal Republic of Germany)
首都 ベルリン(Berlin )
人口 8,302万人 (2018年末推定値、ドイツ連邦統計局)
国土面積 357,582㎢(JETRO)
通貨 ユーロ(EUR) 1EUR=119.75円(2020年6月、OANDA)
言語 ドイツ語(公用語)
識字率 99.0%(2014年、knoema)
宗教 カトリック 27.7%、プロテスタント 25.5%、 イスラム教 5.1%、キリスト教正統派 1.9%、 他のキリスト教宗派 1.1%、その他9%、宗教なし 37.8% (2018年 推計値、アメリカ中央情報局)
時差 UTC +1
GDP 40,004(億USドル / 2018年、IMF・WEO)
GDP成長率 1.45%(2018年、IMF・WEO)
1人あたりの名目GDP 48,264(USドル / 2018年、IMF・WEO)
最低賃金 月給 1,584 EUR(191,335円/ 2020年、CountryEconomy)
日系企業進出数(拠点数)・在留邦人 1,814・45,782人(2017年、外務省)

関連記事一覧