週末の英語学習シリーズ「ゼロ海外から始める気軽な3分英語」#jump ship

ビジネスコラム

“jump ship”は、次の「 逃げ出す・急上昇する・近道をする」のうちどれか?

海外に接点なしの筆者による英語学習日記
「留学や駐在など一切したことがないが、仕事で英語を使いこなしたい!」「社会人になってから、英語学習に目覚めた」「日本にいながら独学で実践できるビジネス英語の勉強法は何か」と普段考えている筆者が、少しでも状況が近い方に参考になる情報をご提供したいと思っています。
日本で生まれ、日本で育ち、日本で働いている典型的な日本人の”ゼロ海外”の筆者がビジネス英語を学習するうえで知った役立つ情報を中心に綴っていきます。皆様の週末学習の一助となれば幸いです。

週末の英語学習シリーズ「ゼロ海外から始める気軽な3分英語」#jump ship

著者:gramマネージャー 坂井 聡佑 
公開日:2022年5月8日

英語の比喩表現を活用する!

日本語に多くの比喩表現があるのと同様に、英語にも独特な比喩表現が存在します。
以前紹介した下記表現も比喩表現ですね

“test the water”
関連記事:https://global-biz.net/b-column/weekend-english-test-the-xx/

今回はビジネスでも使える比喩表現を1つ紹介したいと思います。

“jump ship”

クイズの正解は「逃げ出す」でした。(沈んでいく)船から飛び降りる様子から派生して、「経営の傾いた会社を倒産する前に辞める」「続行するのが困難になったプロジェクトなどから手を引く」という意味合いで使われるようになりました。何かしら悪い状況下において、危険回避のためにそれを放棄したり、逃げ出したり離脱することを意味するイディオムとなります。

He jumped ship to take a better paying job.
彼はもっともうかる仕事に就くために競合会社に転職しました。
(今の会社に不満があり、逃げ出していくようなニュアンスとなる)

He jumped ship from the team after other team members criticized him for the lack of practice.
彼は他のチームメンバーに練習不足を指摘されると、チームをやめてしまった。

トライしてみよう!

例文「大企業に転職したいよ。」(今の会社に不満があるニュアンス)」

少しネガティブなシーンで使われる表現ですが、覚えておくと便利です。
また次回お会いしましょう!

例文の答えはインスタグラム にて公開!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で海外情報ナビをフォローしよう!

坂井 聡佑

1,138 views

gram 部長 1991年愛知県生まれ。一橋大学卒業後、2015年4月、株式会社クロス・マーケティングに入社。主に大手自動車メーカーや情報システム会社を中心...

プロフィール

関連記事一覧