香港 : 行政長官が年次施政方針を発表 / 中国が香港への新型コロナワクチンの販売に同意

海外ビジネスニュース

香港 トップニュース 2020.11.30

著者:Adrian Poon
公開日:2020年11月30日

地域概要情報 香港(Hong Kong)
1. 年次施政方針発表の概要

香港行政長官林鄭月娥氏が年次施政方針を発表した。概要は以下の通り。

a.経済
  • 非住宅用物件に対する二重印紙税の廃止
  • 住宅投資ファンドに対する制限の適正な緩和を検討
  • プライベート・エクイティ・ファンドの促進
  • 珠海空港への投資
  • 2050年までに「CARBON NEUTRAL(カーボンニュートラル)」の実現を目標
b.土地供給
  • 330ヘクタールの土地を確保
  • 「屯門西」地域の開発企画を再検討
  • 旧工業用ビルの再建を加速化
  • 「明日大嶼願景」の研究を加速化
c.住宅
  • 今後10~15年に渡って公営・私有の住宅10万戸超を提供
  • 大坑西邨地域の再建を加速化
  • 「房奴」に対する賃料を管理
d.革新と技術
  • 「創意智優計劃(Create Smart Initiative)」プログラムに10億香港ドルを投入
  • 深センと共同で「國際科技創新中心」を建設
  • 2020年12月に「香港スマートシティ計画2.0」の詳細を発表・実行
e.観光
  • 6億香港ドル規模でコロナ関連の対応策を実施
  • ローカル文化や旅行関連の資源を開拓
f. 教育
  • 〈憲法〉、〈基本法〉、〈国民安全教育〉などの公民・国民教育を強化
  • 優良教育ファンドに20億香港ドルを投入
  • 教師や校長など教育関連人材の育成を強化
g.雇用創出
  • 政府基金を活用し、約3万人の有機雇用を創出
  • 約2万人に対し研修手当を提供
h.社会福祉
  • 特別失業援助プログラムを延長
  • 公共交通費用援助プログラムを2021年6月まで延長
  • 高齢者歯科サービスの範囲を拡大
2. 中国が香港への新型コロナワクチンの提供(販売)に同意

香港行政長官林鄭月娥氏によると、中国政府は84億人民元相当量の国産新型コロナワクチンを香港に販売することに同意。WTOなど他の機関からの調達分を合わせ、香港の人口の20%分を確保する予定。また、香港政府は大規模コロナ検査を再度実行することも検討している。

<参考元>
http://www.etnet.com.hk/www/tc/news/topic_news_detail.php?category=hongkongaffairs&page=1&newsid=14658
http://www.etnet.com.hk/www/tc/news/categorized_news_detail.php?newsid=ETN301126591&page=1&category=editorchoice


地域概要情報 香港(Hong Kong) 香港 関連記事

Adrian Poon

3,063 views

gram リサーチ / マーケティングコンサルタント アメリカで学位を、オーストラリアで修士を取得。 証券会社、戦略コンサル、事業会社の海外事業部等に携わる...

プロフィール

関連記事一覧