ソーシャルリスニング Trend Word: 衆議院議員選挙

ソーシャルリスニング

「ソーシャル」を「リスニング」=傾聴する、ということ。
今回は、与党が圧勝したなか、最終投票率が戦後3番目に低い55.93%となり、大物議員の落選など波乱含みだった「衆議院議員選挙」をツイッターでどのように呟かれたかを調査しました。ソーシャルリスニングは、SNSでの呟きを収集し、分析することでトレンドを事前にキャッチし行動を予想することがます。また地域ごとに収集し、分析することで、容易に比較し、傾向を知ることもできます。
twitterの民意は、選挙に反映するものなのか?

SNS時代のマーケティング施策「越境ソーシャルリスニング」解説まとめ

今回のTrend Wordは「衆議院議員選挙」

著者:gram 
公開日:2021年11月8日

「衆議院議員選挙」のツイートからみる傾向

・公示日と投票日に盛り上がり
・ツイートでリーチが多いのは野党よりの人たちのツイート。一方で勝利したのは与党。ネットの声と実際の世論は必ずしも一致しないことが分かる。

書き込み数・書き込んだ人の数(Key Insights)

・トータルメンション:衆議院議員選挙についての書き込み数
・ユニークオーサー:衆議院議員選挙について書き込んだ人の数

解説:トータルメンション3M(300万)に対しユニークオーサー269K(26.9万人)一人が複数回呟く傾向。

山のきっかけになった話題は?

Twitterで「衆議院議員選挙」が話題になるきっかけになったツイートは?

ポジティブ・ネガティブの割合(Sentiment)

解説:ポジティブよりネガティブが圧倒的に多い

関連ワード (Word Cloud)

日本での「衆議院議員選挙」の関連ワード

有名人含む個人の「衆院」のワードが目立つツイート

ソーシャルリスニングとは?

「ソーシャル」を「リスニング」=傾聴する、ということ。
企業マーケターにとって絶対的スタンダードとなっていくマーケティング施策「ソーシャルリスニング」。
SL TrendWordでは、1つのワードをソーシャルリスニングを使い分析します。

SNS時代のマーケティング施策「越境ソーシャルリスニング」解説まとめ

<引用>
https://twitter.com/

ソーシャルリスニングに関するお問い合わせはこちら

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で海外情報ナビをフォローしよう!

関連記事一覧