ソーシャルリスニング Trend Word:ビットコイン・Bitcoin

ソーシャルリスニング

「ソーシャル」を「リスニング」=傾聴する、ということ。

企業マーケターにとって絶対的スタンダードとなっていくマーケティング施策「ソーシャルリスニング」。
SL TrendWordでは、1つのワードをソーシャルリスニングを使い分析します。
今回は、英語と日本語で調査し、比較しました。

SNS時代のマーケティング施策「越境ソーシャルリスニング」解説まとめ

今回のTrend Wordは「ビットコイン・Bitcoin」

著者:gram 
公開日:2021年5月3日

Key Insights

解説:メンション数(ビットコインについて触れた書き込みの回数)は200万、ユニークオーサー(書き込んだ人数)は26万人、

Trending Topics解説: 1,購入:テスラによるビットコイン購入 3,仮想通貨:ビットコインの高騰により他の仮想通貨への期待値が上がる



解説:メンション数(Bitcoinについて触れた書き込みの回数)は3600万、ユニークオーサー(書き込んだ人数)は約600万人と日本語ビットコインより、かなり多くのツイート

Trending Topics解説: 3,New Airdrop:新しい仮想通貨による無償のトークン配布が話題

Volume Over Time

山のきっかけになったニュースの解説:
❶ビットコインが3年ぶり高値17,000ドル越え
❷ビットコインが初の20,000ドル越え
❸ビットコインが初の30,000ドル越え
❹ビットコインが急騰 テスラが購入
❺ビットコインが下落50,000ドル割れ



山のきっかけになったニュースの解説:
❶ビットコインが1兆ドルを突破

Word Stories

解説:投機や投資としてや他の仮想通貨のキーワードが目立つ



解説:暗号通貨としての技術やシステムなどのキーワード日本より多くみられる

解説:ネガティブな書き込み(red)については、仮想通貨への警戒。ポジティブな書き込み(green)は暗号通貨、FX取引への期待。



解説:ネガティブな書き込み(red)については、金融市場に対しての警戒感。ポジティブな書き込み(green)は暗号通貨への好感的内容。



解説: ビットコイン(日本語・左)ビットコインの次にくる仮想通貨を予想やビットコインを利用したツイートが多いようだ。 Bitcoin(英語・右)暗号通貨としての期待値とイーサリアム関連やトークン配布キャンペーンなどが多くツイートされているようだ。

<引用>
https://twitter.com/ SNS時代のマーケティング施策「越境ソーシャルリスニング」解説まとめ ソーシャルリスニングに関するお問い合わせはこちら

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で海外情報ナビをフォローしよう!

関連記事一覧