• HOME
  • ホーム
  • フィリピン , 海外ビジネスニュース
  • フィリピン:オミクロン株への懸念の中、フィリピンは外国人旅行者を制限する方針を維持 / 日本がマニラ、セブ、ダバオの各都市の新しい高速道路マスタープランを提出 / サウジアラビアへの家事労働者の派遣を一時禁止

フィリピン:オミクロン株への懸念の中、フィリピンは外国人旅行者を制限する方針を維持 / 日本がマニラ、セブ、ダバオの各都市の新しい高速道路マスタープランを提出 / サウジアラビアへの家事労働者の派遣を一時禁止

フィリピン

フィリピン PICKUPニュース 2021.12.13

著者:gramフェロー
公開日:2021年12月13日


1. オミクロン株への懸念の中、フィリピンは外国人旅行者を制限する方針を維持 (PH maintains policy on restricting foreign travelers amid Omicron variant concerns)

新型コロナウイルスのオミクロン株が出現した中、フィリピンは外国人旅行者の入国を制限付きで許可するルールを堅持する。日本は11月29日(月)、新変異株の影響で世界中からの外国人旅行者の入国を停止した。一方、フィリピンはこのような措置をとっていないが、レッドリストには現在14カ国が登録されており、レッドリストに登録されている地域からの入国はすべて禁止される。レッドリストには、南アフリカ、ボツワナ、ナミビア、ジンバブエ、レソト、エスワティニ、モザンビーク、オーストリア、チェコ、ハンガリー、オランダ、スイス、ベルギー、イタリアが含まれている。国の方針では、新種または他の亜種の感染が現地で確認された国はレッドリストに掲載され、オミクロン株への感染者が確認されたが感染が現地で起きていない国はイエローリストに掲載され、入国した旅行者は検査と検疫手続きを受ける必要があるという。
ソース:Manila Bulletin
https://mb.com.ph/2021/11/30/ph-maintains-policy-on-restricting-foreign-travelers-amid-omicron-variant-concerns/

2. 日本がマニラ、セブ、ダバオの各都市の新しい高速道路マスタープランを提出 (Japan turns over new highway masterplan for NCR, Cebu and Davao cities)

日本政府は、国際協力機構(JICA)がフィリピンの高規格道路(HSH)開発のために作成したマスタープランを公共事業・高速道路省(DPWH)に引き渡した。マスタープランは、HSHネットワーク開発フェーズ2のマニラ首都圏、セブ首都圏、ダバオ首都圏の半径200kmをカバーしている。このマスタープランでは、既存の406km、建設中の265km、新規の3,279kmからなるHSHクラス1を4,400km建設し、列島全体の主要な輸送回廊に沿って実施することが提案されている。一方、約4,600kmのHSHクラス2(地域高規格ハイウェイ)は、HSHクラス1から分岐し、HSHクラス1でカバーされていないサブリージョンの中心地や重要な港、空港への接続を提供する。また、マスタープランとは別に、JICAの開発援助は、4つの重要な道路と橋の予備的な実現可能性調査にも及んでおり、マスタープランと実現可能性調査の完了により、フィリピンは、より速く、より安全で、より回復力があり、より環境にやさしい道路交通ネットワークの構築に一歩近づいたことになる。これにより、急速で包括的かつ持続的な経済成長という国家目標を支えることができる。
ソース:Manila Bulletin
https://mb.com.ph/2021/11/30/japan-turns-over-new-highway-masterplan-for-ncr-cebu-and-davao-cities/

3. フィリピン、サウジアラビアへの家事労働者の派遣を一時禁止 (PH temporarily bans deployment of domestic workers to Saudi Arabia)

フィリピンは、サウジアラビア王国でのフィリピン人移民労働者の身体的虐待事件を防止するため、サウジアラビア王国への新規家事労働者の派遣を一時的に停止した。フィリピン海外雇用庁(POEA)のバーナード・P・オラリア長官は、12月2日(木)のオンラ公開オンラインブリーフィングで、労働雇用省(DOLE)が新たに雇用された家事労働者の雇用契約の処理を停止するよう命じたことを明らかにした。これは身体的虐待の報告があってブラックリストに登録された雇用主であるにもかかわらず、サウジアラビアの退役軍人が依然として海外フィリピン人労働者を雇用しているという報告を受けたことによる。海外雇用庁長官は、特に何千人もの家事労働者が一時的な禁止の影響を受けていることから、新しい家事ヘルパーの配置に関する新しいガイドラインをできるだけ早く作成することを約束した。
ソース:Manila Bulletin
https://mb.com.ph/2021/12/02/ph-temporarily-bans-deployment-of-domestic-workers-to-saudi-arabia/



フィリピン 関連記事

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で海外情報ナビをフォローしよう!

関連記事一覧