• HOME
  • ホーム
  • タイ , 海外ビジネスニュース
  • タイ:タイ政府、外国人労働者不足を理由に国境再開を計画 / 犬による受刑者の社会復帰を助けるプロジェクトを実施 / タイ政府、新型コロナウイルス抗ウイルス薬を調達

タイ:タイ政府、外国人労働者不足を理由に国境再開を計画 / 犬による受刑者の社会復帰を助けるプロジェクトを実施 / タイ政府、新型コロナウイルス抗ウイルス薬を調達

タイ

タイ PICKUPニュース 2021.11.19

著者:gramフェロー
公開日:2021年11月19日

1. タイ政府、外国人労働者不足を理由に国境再開を計画 (Govt plans to reopen borders to foreign workers amid shortage)

タイ政府関係者によると、輸出と観光に依存した経済に打撃を与えている労働力不足を緩和するために、近隣のミャンマー、カンボジア、ラオスからの労働者に国境を再開する計画である。食品やゴムの生産など、この国の大きな輸出産業は、移民労働者に大きく依存している。しかし、厳しい国境管理と検疫規則により、すべての労働力の移動は事実上停止している。現時点で42万人の外国人労働者を必要としており、そのほとんどが建設業、製造業、水産業に従事していると見積もられている。多くの労働者は、今年初めの新型コロナウイルスの発生に伴い同国を離れ、戻ってきていない。
ソース:Bangkok Post
https://www.bangkokpost.com/thailand/general/2212543/govt-plans-to-reopen-borders-to-foreign-workers-amid-shortage

2. 犬による受刑者の社会復帰を助けるプロジェクトを実施 (Dogs to help inmates return to society)

タイの司法省は、4つの刑務所の受刑者に犬の飼育を許可する。これは、受刑者の不安、鬱、その他の反社会的行動を減らすことを目的とした試験的なプロジェクトの一環である。法務大臣は11日、各刑務所で動物介在療法の効果をテストすると述べた。受刑者がどのくらいの時間、動物と一緒に過ごせるかは明らかになっていない。受刑者がこのプロジェクトに参加する前に、プロジェクトが成功するように、監督者がその受刑者の性格や気質に合った犬を紹介する。また、犬の扱い方や世話の仕方について、獣医師から説明を受けることになっている。大臣は、このプロジェクトが好評であれば、国内の他の矯正施設にも拡大する予定だと述べた。
ソース:Bangkok Post
https://www.bangkokpost.com/thailand/general/2213919/dogs-to-help-inmates-return-to-society

3. タイ政府、新型コロナウイルス抗ウイルス薬を調達 (Govt to boost medical arsenal)

公衆衛生省は、他の治療法やワクチンとともに、新型コロナウイルスと戦うためにタイで使用する2種類の経口新型コロナウイルス抗ウイルス薬を調達する計画である。同省は9日にモルヌピラビルの調達計画を内閣に提案し、承認を得る予定であるという。「承認されれば、この薬は12月下旬から来年1月に納品されるだろう」と米国の製薬会社メルク社とリッジバック・バイオセラピューティクス社が開発した薬について語った。また、同省は12日にも、新型コロナウイルス抗ウイルス薬であるパクスロイドの調達についてファイザー社とさらなる協議を行うという。同省の動きは、先週末にプラユット首相が、2種類の抗ウイルス薬の使用のための予約注文を早めるよう同省に求めたことによる。臨床試験の結果から、この2種類の経口抗ウイルス薬が患者の入院リスクを低減することが分かっている。この2つの薬剤は、ウイルスが増殖するのを防ぐことで感染症の重症度を下げる効果があるとし、軽度または中等度の症状や、脆弱な患者グループに有効であるという。
ソース:Bangkok Post
https://www.bangkokpost.com/thailand/general/2212007/govt-to-boost-medical-arsenal


タイ関連記事 地域概要情報  タイ(Thailand)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で海外情報ナビをフォローしよう!

関連記事一覧