ソーシャルリスニング Trend Word: アフガン・Afghanistan

ソーシャルリスニング

「ソーシャル」を「リスニング」=傾聴する、ということ。
今回は、アメリカ軍が完全撤退、武装勢力タリバンが権力を掌握し混乱の続く「アフガン・Afghanistan」を日本・世界で調査し、比較しました。ソーシャルリスニングは、SNSでの呟きを収集し、分析することでトレンドを事前にキャッチし行動を予想することがます。
また地域ごとに収集し、分析することで、容易に比較し、傾向を知ることもできます。「アフガニスタン」は日本と世界の呟きかれ方に違いは、あるのでしょうか?

SNS時代のマーケティング施策「越境ソーシャルリスニング」解説まとめ

今回のTrend Wordは「アフガン・Afghanistan」

著者:gram 
公開日:2021年9月6日

「アフガニスタン・Afghanistan」の日・世界のツイートからみる傾向

・日本に関しては、タリバンによるアフガニスタン陥落を報じるニュース、そして、自衛隊が退避をさせようとしているというニュース、退避が失敗したことを非難する論調が盛り上がったタイミングである。

・海外に関しては女性やマイノリティが危機に瀕するという論調、バイデン大統領の無能さが今回の事態を引き起こしたという論調のほかに、トランプやオバマの責任を追及する声も見られた。また、ウズベキスタンやその他アラブ諸国からの外国人兵士がタリバンのために戦ったという話なども報告されている。

書き込み数・書き込んだ人の数(Key Insights)

・トータルメンション:アフガンについての書き込み数
・ユニークオーサー:アフガンについて書き込んだ人の数

解説:日本語では、トータルメンション4M(400万)に対しユニークオーサー519K(51.9万人)と1人が複数回つぶやいている傾向。

解説:英語でのメンション数(書き込みの回数)5,700万、ユニークオーサー(書き込んだ人数)は1,800万人、日本と同じで1人が複数回つぶやいている傾向。

ポジティブ・ネガティブの割合(Sentiment)

解説:日本語では、ポジティブよりネガティブの呟きの方が圧倒的に多い

解説:世界で同じくネガティブが圧倒的に多い

関連ワード (Word Cloud)

日本での「アフガン」の関連ワード

世界での「Afghanistan」の関連ワード

山のきっかけになった話題は?

日本でアフガン3がバズるきっかけになった話題は?

世界でAfghanistanがバズるきっかけになった話題は?

ソーシャルリスニングとは?

「ソーシャル」を「リスニング」=傾聴する、ということ。
企業マーケターにとって絶対的スタンダードとなっていくマーケティング施策「ソーシャルリスニング」。
SL TrendWordでは、1つのワードをソーシャルリスニングを使い分析します。

SNS時代のマーケティング施策「越境ソーシャルリスニング」解説まとめ

<引用>
https://twitter.com/

ソーシャルリスニングに関するお問い合わせはこちら

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で海外情報ナビをフォローしよう!

関連記事一覧