• HOME
  • ホーム
  • インド , 海外ビジネスニュース
  • インド:12月6日、印露サミット行われる / カルナタカ州で29人の看護学生が新型コロナウイルス陽性、クラスター発生 / モディ首相、ゴーラクプルに肥料工場および研究所を開設

インド:12月6日、印露サミット行われる / カルナタカ州で29人の看護学生が新型コロナウイルス陽性、クラスター発生 / モディ首相、ゴーラクプルに肥料工場および研究所を開設

インド

インド PICKUPニュース 2021.12.09

著者:gramフェロー
公開日:2021年12月09日

1. 12月6日、印露サミット行われる (India, Russia to ink number of pacts during Modi-Putin summit on Dec 6)

12月6日、インドのモディ首相とロシアのプーチン大統領は、防衛、貿易、投資、エネルギー、テクノロジー等の分野に関する二国間協定のためのサミットを行う。中でも、以前から交渉が行われていた物流支援協定に関しては今回最終段階の交渉及び契約締結となることが見込まれている。両国はこれらの課題と共に、アフガニスタンで起こっているLashkar-e-TaibaやJaish-e-Mohammedなどのグループによるテロ対策についても議論するとされている。毎年行われていた印露サミットだが、昨年度は新型コロナウイルスのパンデミックのために中止となり、今回は2019年9月にモディ首相がウラジオストクを訪問した際に開催されて以来となる。現在のロシアでの新型コロナウイルスの不安定な感染状況にも関わらず、プーチン大統領がインドを訪問する方針をとったことは、大統領がインドとの外交関係を重要視していることを示している。
ソース:India Today
https://www.indiatoday.in/india/story/india-russia-to-ink-pacts-modi-putin-summit-december-6-1884226-2021-12-05

2.カルナタカ州で29人の看護学生が新型コロナウイルス陽性、クラスター発生(New Covid clusters in Karnataka: 29 nursing students positive at Shivamogga)

インドのカルナタカ州では、これまでに2件のオミクロン株陽性が報告されている。この状況の中、カルナタカ州の都市、シモガにある私立看護学校で新たな新型コロナウイルスクラスターが特定された。これらの学生はほとんどが無症状感染者であった。「私たちは様々な場所で無作為抽出を行い、ある私立看護学校でインド国内各州から集まった学生ら数名が感染していることがわかりました。私たちは陽性となった約29人の学生の宿泊施設の敷地を封鎖しました」とシモガの副長官であるKBSivakumar氏は述べた。今回発生したクラスターではオミクロン変異体は確認されていないが、これに伴い政府は、教育機関への機能停止要請を行い、対面授業に参加する場合には子供及び両親共にワクチン接種を義務付けた。
ソース:Hindustan Times
https://www.hindustantimes.com/india-news/new-covid-clusters-in-karnataka-29-nursing-students-positive-at-shivamogga-101638690113891.html

3. モディ首相、ゴーラクプルに肥料工場および研究所を開設(PM Modi to unveil fertiliser factory, AIIMS and lab in Gorakhpur tomorrow)

ナレンドラ・モディ首相は12月7日火曜日、ウッタル・プラデーシュ州東部で10,000億ルピー相当のプロジェクトを開始する予定だ。これに向けて首相は、8,603億ルピー相当の肥料工場、建設費1,011億ルピーの全インド医科学研究所(AIIMS)、およびインド医学研究評議会のハイテクラボとなるゴーラクプルの医学研究センター(ICMR-RMRC)を開設する。以前から政府により放置されていたウッタルプラデーシュ州の望みが、モディ首相によってやっと実現可能となった。3つの施設の開設は、同州にとって過去最大の投資額相当のプロジェクトとなった。Yogi Adityanath州首相は本件について「今まで野党にとって不可能だったことが、モディ首相によって可能になりました。首相は、農民、女性、若者、子供たちのために、そしてさらなる公共の利益拡大と地域活性化のためにこれらのプロジェクトを提供しました」と述べ、プロジェクトはビハールとネパールの人々にも利益をもたらすだろうと付け加えた。長い間、この地域には脳炎やデング熱などの媒介性疾患を特定するための適切な環境設備がなく、研究も全てプネで行われていた。しかし今回RMRCラボが開設されたことによって、ウッタル・プラデーシュでも脳炎、黒熱、チクングニア熱、デング熱、および新型コロナウイルスに関する高度な研究を実施することが可能となった。
ソース:Indian Express
https://indianexpress.com/article/india/pm-modi-to-unveil-factory-aiims-lab-gorakhpur-7657969/



インド 関連記事

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で海外情報ナビをフォローしよう!

関連記事一覧