週末の英語学習シリーズ「ゼロ海外から始める気軽な3分英語」#“once in a blue moon”ってどういう意味?

ビジネスコラム

海外に接点なしの筆者による英語学習日記
「留学や駐在など一切したことがないが、仕事で英語を使いこなしたい!」「社会人になってから、英語学習に目覚めた」「日本にいながら独学で実践できるビジネス英語の勉強法は何か」と普段考えている筆者が、少しでも状況が近い方に参考になる情報をご提供したいと思っています。
日本で生まれ、日本で育ち、日本で働いている典型的な日本人の”ゼロ海外”の筆者がビジネス英語を学習するうえで知った役立つ情報を中心に綴っていきます。皆様の週末学習の一助となれば幸いです。

週末の英語学習シリーズ「ゼロ海外から始める気軽な3分英語」“once in a blue moon”ってどういう意味?

著者:gramマネージャー 坂井 聡佑 
公開日:2022年5月4日

“once in a blue moon”で頻度を表現できる

“once in a blue moon”と聞くと、なんだかおとぎ話に出てきそうな響きですよね。実はこちらも立派なイディオムで、『頻度』を表すことができるのです。”blue moon”が「ひと月に2回満月があるときの2回目の満月」を表すフレーズで、その珍しい現象になぞらえて「めったに起こらないこと」を意味するようになったという説が有力です。

I see my father once in a blue moon. He lives in the U.S. and only comes home once every two or three years.
私は父に会うことは滅多にありません。父はアメリカに住んでいて、2・3年に一度しか家に帰ってこないのです。

トライしてみよう!

例文例文「この街では犯罪はめったに起こりません。」

また次回お会いしましょう!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で海外情報ナビをフォローしよう!

坂井 聡佑

1,138 views

gram 部長 1991年愛知県生まれ。一橋大学卒業後、2015年4月、株式会社クロス・マーケティングに入社。主に大手自動車メーカーや情報システム会社を中心...

プロフィール

関連記事一覧