雪国エストニアの除雪事情

エストニア

エストニアの首都タリンは、2023年の除雪費用を昨年の約1.7倍に拡大して冬季を乗り越えようとしている。しかし、除雪が自治体の力だけによって完全に終了するには膨大な資金が必要であるため、依然として個人の雪かき作業も必要な状況である。

雪国エストニアの除雪事情

著者:エストニアgram fellow さえきあき
公開日:2024年1月22日

冬の景色

冬のエストニアはとにかく寒く、雪が積もる。日照時間が少なく一日のほとんどが暗い中、あたり一面に積もっている雪は、少ない日光を反射して景色を明るくしてくれる。こういった景観的なメリットがある一方、日常生活に少なからず悪影響を与える憎い一面もある。

道路や歩道に積もった雪はたくさんの人が踏みつけるため、徐々に茶色くなって新雪のようなフワフワ雪ではなく、水雪よりひどいベチャベチャとしたみぞれのような半液体になる。この煩わしさを解消するべく、毎冬各自治体が除雪に力を入れている。

積雪量

冬季はこれでもかというほど寒くなり、12月の気温は首都のタリンで最低マイナス5度から最高1度。夏にあった緑は消え、木々には雪が積もり芝生も雪で覆われる。しかし、朝から晩まで雪が毎日降り続けるかというと、そうでもない。大体の場合、夕方から深夜にかけて雪が降りそれが積もる。そして、気温が0度を超えないので降り積もった雪が解けずに残り、翌日もさらに雪が降り…ということが続き、どんどん雪がかさんでいく。

エストニアでの観測史最高の10日間の平均積雪深は1984年に記録された104cmで、子どもなら埋もれてしまう高さだ。この記録には及ばずとも除雪されていない場所では大人のひざ下くらいまで雪が積もっていることもよくある。

(引用元:Estonian Environment Agency https://www.ilmateenistus.ee/kliima/rekordid/lumi/?lang=en

除雪にかかる費用

これだけ雪の量が多いと、問題になるのは道路や歩道の除雪だ。首都タリンでは、2023年度予算に道路清掃費用として3,100万ユーロが計上されている。11月までの時点ですでに道路清掃と除雪に2400万ユーロが投入されている。2022年の道路清掃予算は1800万ユーロで、2023年はその1.7倍と、大幅にアップしている。

何にどれくらい予算がかけられているかというと、歩道や自転車専用道路を除雪するのに約640万ユーロ、雪を市外に運び出すのに約200万ユーロ。決して安くはない。

タリンには除雪を請け負う業者が主に3つあり、約100台の機械が道路整備を担当し、さらにバス停や横断歩道などの狭い場所を手作業で除雪する作業員もいるという。タリンの市街地ではさらに70台の機械で脇道や郊外の除雪をしている。

こういった公共の場の除雪作業は自治体が行うことになっているが、私有地である住宅の前の歩道等は住民が自主的に受け持つ。しかし、私有地の所有者が一律にその要件を守っているわけではないため、冬の歩道の状況は、非常にきれいで安全なものから、まったく除雪されていないものまでさまざまで、大雪の際には通行不能になることも多い。住民が雪かきをしてもその雪をどこに捨てればいいのかという問題も出てくる。

(引用元:err :Tallinn should have enough money for snow clearing this year | News
https://news.err.ee/1609178701/tallinn-should-have-enough-money-for-snow-clearing-this-year

(引用元:err :City of Tallinn says clearing capital’s sidewalks would cost around €26 million | News
https://news.err.ee/1609177441/city-of-tallinn-says-clearing-capital-s-sidewalks-would-cost-around-26-million

除雪作業に関する予想

2023年度の除雪費用が前年に比べ大幅にアップしたので、今後も増えていく可能性が高いと考えられる。この予算拡大は積雪量の増加を見越し、除雪作業の必要性が高まるだろうという予測を反映している。予算を多く計上しておくことは気候変動の影響による不規則な天候パターンや予期せぬ積雪量の増加に備えることにもつながる。エストニア第2の都市タルトゥでは、市の中心を流れる大きな川の洪水リスクが気候変動により上昇しており、その点も考慮して予算を組むことの必要性がわかる。

エストニアの位置関係

さえきあき

2,334 views

エストニア在住のgramフェロー 経済上から時事ネタ、現地のマナーまで幅広く執筆。

プロフィール

関連記事一覧