イスラムの国でもクリスマス|マレーシア

マレーシア

マレーシアは国教がイスラム教ということもあり、実に国民の60%以上がイスラム教徒です。キリスト教徒はわずかに9%ほどしかいないマレーシアですが、12月25日のクリスマスは祝日です。

マレーシアは多くの民族、宗教的な背景を持った人々が共存しているので、自分の信じる宗教以外の慣習や行事などにとても寛容です。

ショッピングモールは美しくきらびやかで、クリスマスムード一色になります。

今回はマレーシアにおけるクリスマスのお祝いの仕方について紹介します。

イスラムの国でもクリスマス  

   著者:マレーシアgramフェロー Malay Dragon
公開日:2024年1月21日

ショッピングモールめぐり

マレーシアには国中のいたる所にショッピングモールがあり、しかもその多くがとても大きいのです。

2019年時点、国内になんと560のショッピングモール存在しているほど、マレーシアは知る人ぞ知る「ショッピングモール大国」なのです。

そのためなのかマレーシア人はショッピングが大好きです。

家族で食事をしたあとにショッピングモールをゆっくりと歩き回る、その中で社交も行っているのです。

マレーシア人のクリスマスの楽しみ方は、何といっても日中にショッピングモールでショッピングやクリスマスイベントを楽しむのが一番です。

家族や友人とパーティーを楽しむ

マレーシア人は家族や友達と集まるのがもともと大好きです。

各宗教ごとに1年にいくつも祝日がありますが、信仰に関係なくみんなどのイベントも楽しんでます。

マレーシア人の多くは家族の出身地に帰り(「バレ・カンポン」と呼ばれ、日本で言う「帰省」です)、家族や親戚、親しい友人たちと食事を楽しみます。

最近では料金が無料になるので凄まじい渋滞で、逆に首都クアラルンプールは街中がガラガラになります。

家族と旅行に行く

マレーシア人は旅行好きでもあります。

休みが4~5日続き、学校も休みの時期には、家族で都会の喧騒から離れてキャメロンハイランドやランカウイ、ペナンなどの外国人にも人気で有名な観光地に行ったり、シンガポールに行ったりして旅行を楽しみます。

クアラルンプールの郊外にある「ゲンティンハイランド」と呼ばれる高原リゾートも人気があります。クアラルンプールから車で約1時間ほどの距離にある、標高1700mの避暑地です。

遊園地やカジノがあるので家族で楽しめ、多くのマレーシア人やシンガポールの方々でにぎわいます。

花火を楽しむ

クリスマスイブにはマレーシア中で多くの人が花火を打ち上げてクリスマスを祝います。

深夜に日をまたいで、夜中の1時、2時頃まで花火がなり続けます。

マレーシア人は花火が好きで、各宗教ごとにある最大の祝日(中華系の旧正月、イスラム教のハリラヤ、インド系のディパバリ)になると、花火があちこちで打ち上げられ鳴りやみません。

楽しむのが上手いマレーシア人

マレーシア人は穏やかで激高するようなことも少なく、常に余裕をもって生活を楽しんでいます。

イベントが多い国柄で、そのイベントを楽しむのに長けています。

このクリスマスも多くのモールなどはたくさんの人々でにぎわっていて、コロナ禍で静かだった街は完全によみがえっています。

私も久しぶりにクリスマスを楽しんでいます。

Malay Dragon

6,036 views

マレーシア・シンガポール在住のgramフェロー 経済上から時事ネタ、現地のマナーまで幅広く執筆。

プロフィール

関連記事一覧