ソーシャルリスニング Trend Word:IPO(新規株式公開)

ソーシャルリスニング

「ソーシャル」を「リスニング」=傾聴する、ということ。
2021年最後のソーシャルリスニングトレンドワードは、新規株式公開「IPO(Initial Public Offering)」のTwitterでの呟かれかたを調査しました。
ソーシャルリスニングは、SNSでの呟きを収集し、分析することでトレンドを事前にキャッチし行動を予想することがます。また地域ごとに収集し、分析することで、容易に比較し、傾向を知ることもできます。
投資家はどのような情報で投資先を考えていくのでしょうか?投資家に指示されるTwitterの投稿は?


SNS時代のマーケティング施策「越境ソーシャルリスニング」解説まとめ

今回のTrend Wordは「IPO」

著者:gram 
公開日:2021年12月28日

「IPO」のツイートからみる傾向

・日本では中国企業のアメリカでのIPOが認められない話や中国企業のIPO阻止の話などが話題になっている。
・投資術のこつなどのツイートも人気がある。
・海外では特定の企業のIPOの話を話題にしている人が多い。
・BioNtechやインド企業のSavvy、Rivian Automotive、Robinhoodなどが話題に上っている。

書き込み数・書き込んだ人の数(Key Insights)

・トータルメンション:日本でIPOについての書き込み数
・ユニークオーサー:日本でIPOについて書き込んだ人の数

解説: トータルメンション427K(42.7万)に対しユニークオーサー76K(7.6万人)。1人の書き込みが多いことがわかる

解説:英語でのトータルメンション4M(400万)に対しユニークオーサー881K(88.1万人)。英語圏でも1人の書き込みが多いことがわかる





山のきっかけになった話題は?

日本語 Volume Over Time

英語圏で山のきっかけになった話題は?

 ①

 ②

 ②

ポジティブ・ネガティブの割合(Sentiment)

日本語:ポジティブよりネガティブがやや多い

英語:こちらもポジティブよりネガティブがやや多い

関連ワード (Word Cloud)

日本語「IPO」の関連ワード

日本では中国企業のアメリカでのIPOが認められない話や中国企業のIPO阻止の話などが話題になっている。 また、投資術のこつなどのツイートも人気がある。

英語「IPO」の関連ワード

海外では特定の企業のIPOの話を話題にしている人が多い。 BioNtechやインド企業のSavvy、Rivian Automotive、Robinhoodなどが話題に上っている。

ソーシャルリスニングとは?

「ソーシャル」を「リスニング」=傾聴する、ということ。
企業マーケターにとって絶対的スタンダードとなっていくマーケティング施策「ソーシャルリスニング」。
SL TrendWordでは、1つのワードをソーシャルリスニングを使い分析します。

SNS時代のマーケティング施策「越境ソーシャルリスニング」解説まとめ

<引用>
https://twitter.com/

ソーシャルリスニングに関するお問い合わせはこちら

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で海外情報ナビをフォローしよう!

関連記事一覧