ソーシャルリスニング Trend Word:おせち

ソーシャルリスニング

「ソーシャル」を「リスニング」=傾聴する、ということ。
2021年も残すところ僅かとなりました。今回のソーシャルリスニングトレンドワードは、日本のお正月の代名詞「おせち」のTwitterでの呟かれているかたを調査しました。
ソーシャルリスニングは、SNSでの呟きを収集し、分析することでトレンドを事前にキャッチし行動を予想することがます。また地域ごとに収集し、分析することで、容易に比較し、傾向を知ることもできます。
日本人はSNSで「おせち」をポジティブに、それともネガティブに?呟やいているのでしょうか?


SNS時代のマーケティング施策「越境ソーシャルリスニング」解説まとめ

今回のTrend Wordは「おせち」

著者:gram 
公開日:2021年12月21日

「おせち」のツイートからみる傾向

・もうおせちは何が入っていてもいいんじゃないかという意見やおせちいらないという意見がある
・犬用おせちなど、視点を変えることが重要というつぶやきに共感が集まっている
・おせちを作るという書き込みはあまり見当たらず、「予約する」「注文する」というのが一般的になってきている
・楽しみにしているつぶやきへの共感

書き込み数・書き込んだ人の数(Key Insights)

・トータルメンション:日本でおせちについての書き込み数
・ユニークオーサー:日本でおせちについて書き込んだ人の数

解説: トータルメンション263K(26.3万)に対しユニークオーサー126K(12.6万人)。1人の書き込みが多いことがわかる





山のきっかけになった話題は?

日本語 Volume Over Time

ポジティブ・ネガティブの割合(Sentiment)

解説:ポジティブがネガティブよりやや多い

関連ワード (Word Cloud)

「おせち」の関連ワード

もうおせちは何が入っていてもいいんじゃないかという意見、おせちいらないという意見

犬用おせちなど、視点を変えることが重要という意見

一方で楽しみにしてる人も

おせちを作るという書き込みはあまり見当たらず、「予約する」「注文する」というのが一般的に?

ソーシャルリスニングとは?

「ソーシャル」を「リスニング」=傾聴する、ということ。
企業マーケターにとって絶対的スタンダードとなっていくマーケティング施策「ソーシャルリスニング」。
SL TrendWordでは、1つのワードをソーシャルリスニングを使い分析します。

SNS時代のマーケティング施策「越境ソーシャルリスニング」解説まとめ

<引用>
https://twitter.com/

ソーシャルリスニングに関するお問い合わせはこちら

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で海外情報ナビをフォローしよう!

関連記事一覧