スマホ依存度ランキング世界3位のマレーシアでデジタルマーケティングのチャンスを広げる

マレーシア

eWalletやアプリ需要が急拡大し、マレーシアでの生活で手放すことのできないスマートフォン。スマホ依存国ワースト3位にランクインしているマレーシアですが、そこに着目してSNSによるデジタル広告やマーケティングに着目する企業も。マレーシアのスマホ事情やデジタル広告の可能性についてご紹介します。

スマホ依存度ランキング世界3位のマレーシアでデジタルマーケティングのチャンスを広げる  

   著者:マレーシアgramフェロー Eri Uzurahashi
公開日:2023年12月12日

マレーシア人のスマホ依存度は世界3位?!

マレーシアに住んで実感するのは、買い物、配車サービス、カーナビ、チャットなど、ありとあらゆることがスマホで完結してしまうほどアプリが充実し、デジタル化が進んでいることです。日本に居住していた時よりもスマホが必需品となっているのではと感じます。実際の調査で、マレーシアでは世界で3番目にスマホ使用度が高いといいます。

カナダのマギル大学の研究チームは、世界24か国の若年層(15歳~34歳)を対象にスマホ依存度の調査・ランキング(2014年~2020年)を発表しました。また、2018年に別に実施された調査では、マレーシアでは人口の69%が携帯を1日でも手放すことが出来ないという調査結果がでており、今やマレーシア人にとってはスマホはなくてはならない存在なのです。

(引用元:Malaysia Ranks 3rd In Global Smartphone Addiction Research With China And Saudi Arabia Topping The Ranks
https://worldofbuzz.com/malaysia-ranks-3rd-in-global-smartphone-addiction-research-with-china-and-saudi-arabia-topping-the-ranks/

国民のSNS利用時間約3時間、そこからビジネスチャンスも広がる

では具体的にマレーシア人はスマホで何に時間を費やしているのでしょうか。調査によると、マレーシア人が1日の中でインターネットに接続する時間は8時間以上ですが、その内2時間47分をSNSに費やしているといいます。

SNSの中でも特に人気なのが「Whatsapp」「Facebook」「Instagram」。Whatsappとは日本でいうLINEのようなコミュニケーションアプリです。SNSを利用する年齢層としては、25歳から34歳の若者の利用率が最も高く、SNSユーザー数のうちその世代が31.5%を占めます。

マレーシアの人口ピラミッドをみるとこの年齢層が全人口の中で最も多く、若者のSNS利用率が高いという傾向から、最近ではSNSを使用したデジタル広告やマーケティングがより目立ってきています。

一日のメディア利用時間
マレーシアの人口ピラミッド

マレーシアのデジタル広告事情とは

SNSを利用していると、広告とともにリンクがでてきてアクセスすると他のサイトに繋がることがありますが、この仕組みを利用したマーケティングが国内で拡大しています。国内で2番目に使用率の高いSNS、Facebookがデジタル広告数全体の7割を占めていますが、他のSNSでの広告も増えています。Twitterのデジタル広告数は前年に比べて+234.6%、Instagramは+72.9%増加しています。

SNSによって広告の打ち出し方を変えて様々な角度からのマーケティングができるのもデジタル広告の魅力です。また、SNSの種類によって年齢層も異なるのでそちらを考慮するとよさそうですね。

ソーシャルメディアからの訪問者トラフィック(アクセス)

(引用元:Social Media Statistics for Malaysia [Updated 2023]
https://www.meltwater.com/en/blog/social-media-statistics-malaysia

(引用元:世界の人口ピラミッド(1950~2100年)-マレーシア
https://www.populationpyramid.net/ja/%E3%83%9E%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%82%A2/2023/

このように多くの企業がデジタルマーケティングや広告の重要性を理解しており、国内の広告の総支出額に対し、SNS含む全てのデジタル広告の支出額は68.2%を占めています。

広告費:トータルとデジタルの比較

企業によるデジタル広告の支出額が前年より21.9%アップしているのをみても、注目度の高さが分かります。

デジタルの広告費

まとめ

世界的にみてもスマホ利用率、SNS利用率が高いマレーシア。実際の調査でもスマホ利用率は世界で3位、SNS利用時間は世界平均を超えています。そこに着目した企業たちがこぞってSNSを利用したデジタルマーケティングや広告を打ち出しているのです。

マレーシアでのビジネスを考える際は、このようなデジタルマーケティングやSNS事情などを理解しておくことでさらにチャンスが広がるかもしれないですね。

Eri Uzurahashi

522 views

マレーシア在住のgramフェロー 経済上から時事ネタ、現地のマナーまで幅広く執筆。

プロフィール

関連記事一覧