• HOME
  • ホーム
  • フィリピン , 海外ビジネスニュース
  • フィリピン: タール火山、9,000トン以上の二酸化硫黄を放出、24時間で55回の地震を記録 / 日本、フィリピンのマラウィ市の避難民に150戸の恒久住宅を提供 / フィリピン、2021年アジアのトップビーチ・ダイビングスポットに新たに選出

フィリピン: タール火山、9,000トン以上の二酸化硫黄を放出、24時間で55回の地震を記録 / 日本、フィリピンのマラウィ市の避難民に150戸の恒久住宅を提供 / フィリピン、2021年アジアのトップビーチ・ダイビングスポットに新たに選出

フィリピン

フィリピン PICKUPニュース 2021.11.01

著者:gramフェロー
公開日:2021年11月01日


1. タール火山、9,000トン以上の二酸化硫黄を放出、24時間で55回の地震を記録 (Taal Volcano emits over 9,000 tons of sulfur dioxide; records 55 quakes in 24 hours)

フィリピン火山地震研究所(Phivolcs)は、10月23日(土)の火山速報で、タール火山で55回の地震が発生したと発表した。その内訳は、1分から2分の火山性微動が9回、低周波の火山性地震が46回、そして7月7日から続いている低レベルの背景地震である。さらに、主火口の活動は、高さ1,200メートルの噴煙を発生させている湖での高温の火山流体の上昇に依然として支配されている。Phivolcsによると、タール火山の二酸化硫黄(SO2)の排出量は10月22日に9,451トンに達した。Phivolcsは、「電子チルト、連続GPS、InSARモニタリングによる地盤の変形パラメータに基づき、タール火山島は2021年8月に膨張を開始したが、タール地域は2020年以降、非常にゆっくりとした伸長を続けている」と述べた。これは、現在のSO2パラメータが、爆発的な活動を引き起こす可能性のある主火口からの高レベルのマグマ脱ガスを示していることを意味している。
ソース:Manila Bulletin
https://mb.com.ph/2021/10/23/taal-volcano-emits-over-9000-tons-of-sulfur-dioxide-records-55-quakes-in-24-hours/

2. 日本、フィリピンのマラウィ市の避難民に150戸の恒久住宅を提供(Japan provides 150 permanent houses to displaced families in Marawi City)

日本政府はマラウィ市の住民に約150戸の恒久住宅を提供した。これは、2017年に起きた大規模な包囲攻撃の影響を受けたマラウィ市の支援を目的としており、これらの住宅は、マラウィ包囲戦で避難した家族に引き渡された。この住宅は、日本政府と国連ハビタット・フィリピンとの間で行われているプロジェクトの第3フェーズで提供されたものである。日本大使館は、10月19日(火)に発表した声明の中で、「この引き渡しは、マラウィ市の再建と復興に対する日本政府のコミットメントと、ミンダナオ和平プロセスに対する揺るぎない支援の一環です」と述べている。日本政府は2018年3月、国連ハビタットがマラウィ事件で被災した人々に中核的なシェルターと生活支援を提供するプログラムを支援するため、1,000万ドル(5億ペソ)の無償資金協力を行った。2021年2月には、本プロジェクトの第1フェーズで合計109棟の恒久住宅が完成した。また、2021年7月には、プロジェクトの第2フェーズとして、ダルサラーム村とダンサランのPamayandeg sa Ranaw Residencesに170戸の永久住宅が追加完成していた。
ソース:Manila Bulletin
https://mb.com.ph/2021/10/19/japan-provides-150-permanent-houses-to-displaced-families-in-marawi-city/

3. フィリピン、2021年アジアのトップビーチ・ダイビングスポットに新たに選出 (PH named Asia’s top beach, dive destination anew in 2021 World Travel Awards)

自然のままのビーチと世界有数のダイビングスポットで知られるフィリピンは、第28回ワールドトラベルアワードにおいて、今年のアジアにおけるビーチとダイビングの主要な目的地として評価され、パンデミックの中で再び注目を集めた。観光省(DOT)によると、フィリピンが「アジアのリーディング・ビーチ・デスティネーション」に選ばれるのは5回目で、「アジアのリーディング・ダイブ・デスティネーション」として受賞するのは2019年から連続3回目だという。アクラン島のボラカイ島、スリガオ・デル・ノルテ島のシアルガオ島、パラワン島のエルニド島やアマンプロ島など、国内有数のビーチリゾートは、すでに地元の観光客に開放されており、国境が再開されれば外国人旅行者を受け入れる準備が整っている。このワールドトラベルアワードは1993年に設立され、世界の旅行・観光産業のあらゆる分野における優秀性を評価し、報奨し、称えることを目的としている。
ソース:Manila Bulletin
https://mb.com.ph/2021/10/19/ph-named-asias-top-beach-dive-destination-anew-in-2021-world-travel-awards/  



フィリピン 関連記事

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で海外情報ナビをフォローしよう!

関連記事一覧