BTSの記録越え?フィリピンの人気アイドルSB19とは

フィリピン

韓国とフィリピンのエンターテインメント企業は、次の世界的スターをフィリピンから発掘することを期待しP-POPの成長を後押ししてきました。その甲斐あってか、ここ数年で世界のPOPミュージックシーンに衝撃を走らせたフィリピンのボーイズグループがいます。今回は今注目を集める旬なP-POPアーティストSB19についてご紹介します。

BTSの記録越え?フィリピンの人気アイドルSB19とは

   著者:フィリピンgramフェロー アルト
公開日:2023年 12月26日

世界的人気を誇るフィリピンのボーイズバンドSB19は「どんなグループ?」

SB19 は、フィリピン文化を世界に伝えることを目的とした、韓国のメディア会社である ShowBT Philippines の管理下にあるP-POPグループです。パブロ、ステル、ケン、ジャスティン、ジョシュの5人のメンバーで構成され、全員がフィリピンで生まれ育ったFilipino(ピノイ人)です。SB19は韓国式トレーニングを受けた初のボーイズグループとして、フィリピンと韓国のパートナーシップを表す名前が付けられています。「S」と「B」は社名に由来し、「19」はフィリピンと韓国の国番号の各桁を足したもの(6+3+8+2)を表しています。

BTSを超えた?世界が認める彼らの記録とは?

SB19は2021年、K-POP スター BTS が打ち立てたビルボードのトレンドソングチャートで最長 1 位に君臨する記録を「Bazinga」という曲で破りました。この曲は7週連続で1位を記録し、これまで6週記録を保持していたBTSのヒットシングル「Butter」を上回る世界初の快挙を成し遂げています。

2021年5月、SB19はBTS、Seventeen、Blackpink、アリアナ・グランデなど名だたる世界的なアーティストとともにビルボード・ミュージック・アワード(BBMA)のトップ・ソーシャル・アーティストにノミネートされました。フィリピン人アーティストがBBMAにノミネートされたのはこれが初めてで、ビルボードのソーシャル50チャートのトップ10に入った初の東南アジアのアーティストとなりました。

SB19のリーダーパブロは、SB19の功績は他の東南アジアのアーティストにとってもより多くの機会を生み出すと語り、V-pop (ベトナム)・T-pop (タイ)・M-pop (マレーシア)・I-pop (インドネシア) などにも多くの才能があることを伝え、東南アジアのアーティストのさらなる可能性について言及しました。

SB19オフィシャルYoutubeの売上とは?

SB19 Officialは、335 万人を超える登録者を持つフィリピンのYouTubeチャンネルです。5 年前に開始され、664 本のビデオがアップロードされています。Startstatの調べによると、2023年11月23日現在までの売上金額は983,481米ドル(約1億5,730万円)、総再生回数は4億5,000万回越えと、P-POPアーティストとしては異例の金額と数字を叩き出しています。

(引用元:Startstat https://starstat.yt/ch/sb19-official-net-worth#google_vignette

まとめ

SB19は昨年から世界的な活動を進めていて、アラブ首長国連邦と米国で初のワールドツアー「WYAT (Where You At)」を開催し、アジアと北米を巡る10公演で構成されたツアーを見事成功させました。世界的に人気を誇るK-POPアーティストの活躍が目立つ中、SB19を中心としたP-POPが台頭するのか、今後更なる注目が集まります。

◇the national news.com:
https://www.thenationalnews.com/arts-culture/music-stage/2023/05/31/who-are-sb19-the-filipino-boy-band-gaining-worldwide-popularity/

◇Tripzilla:
https://www.tripzilla.com/things-to-know-about-sb19/122898

アルト

374 views

フィリピン在住のgramフェロー 経済上から時事ネタ、現地のマナーまで幅広く執筆。

プロフィール

関連記事一覧