• HOME
  • ホーム
  • 海外ビジネスニュース , 香港
  • 香港・中国 : 粤港澳大湾区プロジェクトでIT人材を創出 / 香港の新世界発展有限公司と広州政府が戦略的パートナーシップを締結 / HSBC:中国の2021年の経済成長率は8.5%、人民元対米ドルは6.6を突破と予想

香港・中国 : 粤港澳大湾区プロジェクトでIT人材を創出 / 香港の新世界発展有限公司と広州政府が戦略的パートナーシップを締結 / HSBC:中国の2021年の経済成長率は8.5%、人民元対米ドルは6.6を突破と予想

海外ビジネスニュース

香港 ・中国 PICK UPニュース 2021.1.18

著者:Adrian Poon
公開日:2021年1月18日

地域概要情報 香港(Hong Kong)
1. 粤港澳大湾区プロジェクトでIT人材を創出

香港政府の発表によると、粤港澳大湾区(香港・マカオ・中国の広東省の3地域)でIT業界の人材創出を目的として香港の卒業生の就職を支援することとなった。
スマートシティ協会(智慧城市聯盟)、IoT専業協会(互聯網專業協會)及び香港ソフトウエア業界協会(香港軟件行業協會)の共同声明によれば、各協会の登録会員企業の参加により、100程度の就職先企業を紹介する予定。
同計画は、香港と本土の大湾区に事業を展開する企業に対し、新卒業生一名の採用につき、18カ月の間毎月最大1万元(約13.4万円)の補助金を提供する。

2. 香港の新世界発展有限公司と広州政府が戦略的パートナーシップを締結

2021年1月13日、香港の不動産大手の新世界発展有限公司と中国広州政府が戦略的パートナーシップ協定を結んだ。
内容としては、新世界発展は香港・広州における自社の開発能力、運営力、ブランド力、資金力などを活用し、広州政府と共同で、広州市の都市建設、国際教育、金融サービス、グローバル製薬、文化・芸術など多数の項目について開発・展開を行う。
近年の新世界発展の広州に対する投資の累計金額は2,000億人民元(約3.2兆円)であり、今後もさらに粤港澳大湾区の発展を加速していく。注力地域は広州、深センなどの重要都市。

3. HSBC:中国の2021年の経済成長率は8.5%、人民元対米ドルは6.6を突破と予想

2021年1月13日、HSBCはインターネットで「アジア経済の展望」をテーマに記者会見を行った。
HSBCは今後の中国と香港の経済を楽観的と見ており、新型コロナの影響で世界経済が衝撃を受けているものの、ワクチンの普及とともに回復し、中国輸出の拡大により香港の経済が恩恵を受けると予想している。
HSBCは中国の製造業や輸出の回復により、中国の今年のGDP成長率は昨年の2%から8.5%に上昇すると予想。また、世界や米国経済の悪化により、人民元(対米ドル)は上昇傾向となり、現在6.4の水準で推移しているが、2021年の後半は世界経済の回復傾向により、6.6の水準を超えると見ている。
香港経済については、世界経済の回復とともに、昨年のマイナス成長(-6%)から今年は+4.4%程度になると予想。

<参考元>
http://www.etnet.com.hk/www/tc/news/categorized_news_detail.php?newsid=ETN310113526&page=1&category=latest
https://www.nna.jp/news/show/2138843
http://www.etnet.com.hk/www/tc/news/categorized_news_detail.php?newsid=ETN310113767&page=1&category=latest
http://www.etnet.com.hk/www/tc/home/index.php

Photography by Jimmy Chan
地域概要情報 香港(Hong Kong) 香港 関連記事

Adrian Poon

5,924 views

gram リサーチ / マーケティングコンサルタント アメリカで学位を、オーストラリアで修士を取得。 証券会社、戦略コンサル、事業会社の海外事業部等に携わる...

プロフィール

関連記事一覧