ソニーのEVが狙う「新種の移動経験」とドイツのテクノロジー企業群

ドイツ

2022年1月の米国家電IT見本市「CES」に先立ち、ソニーグループの吉田憲一郎社長はEV「VISION-S」を市場に投入していくことを発表した。「モビリティを再定義したい」と吉田社長は述べている。

これは、世界のどの企業も手がけたことがない、身体で経験することによってしか理解できない「新種の移動経験」を、ソニーが新しく提供していくということを意味している。

その「新種の移動経験」がどのようなものなのかを、以下でなぞってみたい。

Magna Steyrについては本サイト記事も参照。

ソニーのEVが狙う「新種の移動経験」とドイツのテクノロジー企業群

 著者:gramマネージャー 今泉 大輔
公開日:2022年1月27日

ソニーグループ吉田憲一郎社長の記者会見

テレ東BIZ:ソニーEV参入本格検討 今春に新会社設立(2022年1月5日)

ソニーが公開している以下の動画を見ていただきたい。欧州を代表する自動車関連企業がいくつも登場する。また、VodafoneドイツのCEOも顔を出して熱弁をふるっている。
この動画から、ソニーが目指しているのは、これまでの自動車メーカーが作ってきたクルマとは全く異なるものであることがわかる。

SONY: VISION-S | Towards Contribution to the Evolution of Mobility:https://youtu.be/HBGu43ElXZM

ソニーの全く新しいEV「VISION-S」を支える欧州の自動車技術企業群

この動画では、「VISION-S」の具現化に携わる以下の企業のマネジャークラス、ないしは代表者クラスの人達が出てきて、その会社がそれぞれどのような役割を果たしているのかについて短くコメントしながら、ソニーとコラボレーションできる興奮を語っている(なお、これらの企業の概要を末尾に付した。Magna Steyrの拠点がオーストリアにあるのを例外として、他の全ての企業はドイツに拠点がある)。

Magna Steyr
「VISION-S」でコラボレーションする企業多数の取りまとめ役的な位置付けだと思われる。
https://www.magna.com/ja/

AImotive
自動運転に不可欠なイメージセンサーからの視覚情報、および、レーダーからの情報に基づき、AIが判断して、安全走行を可能にするソフトウェア的なメカニズムを提供していると思われる。
https://aimotive.com/

Robert Bosch
ドイツの多国籍エンジニアリング・テクノロジー企業。HMI(ヒューマン・マシン・インターフェース)を担当。代表のStefan Seiberth氏は過去に例を見ないHMIだと言っている。
https://corporate.bosch.co.jp/

Continental Engineering Services
同社の記事 https://conti-engineering.com/news-ces-support-sony-with-vision-s/  によると、ブレーキシステム、インテリアエレクトロニクス、電動ドライブシステムを提供。この動画では特にインテリア、エンターテインメント、パーソナライズド・アダプティビティ(ユーザーに最適化された環境)を担当していることを示唆している。
https://conti-engineering.com/

Elektrobit Automotive
運転者が常時見ることになる、フロントグラスのディスプレイにおけるAR(拡張現実)等の視認情報の表示を担当。また、ソニーが考えるエンターテインメントをフロント・その他のディスプレイに統合することも担当。
https://www.elektrobit.com/jp/

Valeo Visibility Systems
インテリアとエクステリアのライティングシステムを担当。特にユーザー体験には、インテリアのライティングを高度にコントロールする技術が不可欠(おそらく未来的な移動空間の印象を醸し出すのだと思われる)。
https://www.valeo.com/en/visibility-systems/

Vodafone Germany
ボーダフォンのドイツ法人。CEOが自ら登場。5Gによるコネクティビティ全体を担当している模様。

ZF Friedrichshafen
パワートレーンとシャシーコンポーネントの世界的メガサプライヤー。トランスミッションのシェアでは特筆すべきものがある。おそらく良質な移動空間に欠かせないシャーシ、トランスミッションの設計と製造技術を提供しているものと思われる。https://www.zf.com/mobile/en/homepage/homepage.html

以上の企業は欧州に存在する自動車の研究開発、設計、エンジニアリング、自動運転、AI、ディスプレイ、シャーシのトップスター集団とも言うべき顔ぶれである。
これらの企業の優れた技術を統合した「VISION-S」は、おそらく次のような特徴を持つクルマになるだろう。

● 感性を深く満足させる自動運転

● ライティングとビジュアルとサウンドが連動した没入感のある車内空間

● 移動速度やカーブに応じて体感が変わる高級ホテルのベッドのようなサスペンション

● 自分の身体が空間をワープするかのような感覚

以上のような「新種の移動経験」を与えてくれるのだろう。
「VISION-S」が市場に登場したら、ぜひとも実感してみたい。

各社の会社概要

Magna Steyr
所在地 Graz, Steiermark, 8041 Austria
URL https://www.magna.com/
従業員数 7,947
売上高 50億ドル
創業 1999年
営業品目(自動車関連) 自動車製造受託、輸送機器製造受託、製造受託、高級車製造受託

Magna Steyrについては本サイト記事も参照。

AImotive
所在地 Am Zirkus 2 10117, Berlin, Berlin Germany
URL www.aimotive.com
従業員数 20
売上高 82万6,000ドル
創業 2015年
営業品目(自動車関連) 科学的リサーチ及び開発サービス、コンピュータシステム設計及び関連サービス
Robert Bosch
所在地 Robert-Bosch-Platz 1 70839, Gerlingen, Baden-Württemberg Germany
URL https://www.bosch.de/
従業員数 218,377
売上高 846億ドル
創業 1937年
営業品目(自動車関連) 自動車部品製造
Continental Engineering Services
所在地 Breitlacherstr. 94 60489, Frankfurt am Main, Hessen Germany
URL https://www.conti-engineering.de/
従業員数 1,800
売上高 2億2,730万ドル
創業 1996年
営業品目(自動車関連) 電動化(Electrification)、ADAS(Advanced Driver Assistance Systems)、コネクティビティ、Human-Machine Interface(HMI)、ブレーキドメイン、シャーシドメイン、自動車車体
Elektrobit Automotive
所在地 Am Wolfsmantel 46 91058, Erlangen, Bayern Germany
URL https://www.elektrobit.com/
従業員数 1,047
売上高 1億3,190万ドル
創業 1987年
営業品目(自動車関連) コンピュータシステム設計
Valeo Visibility Systems
所在地 Valeostr. 1 74321, Bietigheim-Bissingen, Baden-Württemberg Germany
URL https://www.valeo.com/en/visibility-systems/
従業員数 7,200
売上高 12億8,000万ドル
創業 2015年
営業品目(自動車関連) 自動車部品製造
ZF Friedrichshafen
所在地 Löwentaler Str. 20 88046, Friedrichshafen, Baden-Württemberg Germany
URL https://www.zf.com/mobile/en/homepage/homepage.html
従業員数 155,502
売上高 385億7,000ドル
創業 1915年
営業品目(自動車関連) エンジン、タービン、パワートランスミッションの製造

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で海外情報ナビをフォローしよう!

今泉大輔

6,355 views

gram マネージャー リサーチ& IT コンサルタント 2007年から2010年にかけて、プロフェッショナルな方の時間の売り買いを可能にする新しい...

プロフィール

関連記事一覧