インドネシア: 労働者社会保障の現状

インドネシア

本年2月に急に話題になった労働社会保障プログラム Badan Penyelenggara Jaminan Sosial Ketenagakerjaan(略称 BPJS Ketenagakerjaan)の老齢保障 Jaminan Hari Tua(略称 JHT)ですが、法規改 定に係る周知不足による失敗の典型的な例となってしまいました。改定を発表し、反対にあっ て引っ込めるということはこれまで何度もやってきているのですが、今回の内容そのものは極 めて論理的であり、実はあるべき姿であったと言ってもよい状態でした。これを機会に労働者 社会保障をおさらいしてみましょう。


インドネシアへの進出に関するご相談はこちら

インドネシア: 労働者社会保障の現状

著者:PT. Phoenix Strategy Indonesia
公開日:2022年4月xx日

2種類の社会保障プログラム

社会保障プログラムは労働社会保障プログラム(以下労働 BPJS)と健康社会保障プログラム(以下 健康 BPJS)からなっています。インドネシア語を直訳しますと BPJS は社会保障実施機関となりま すので、実は組織の名称なのですが、現状ではプログラムもこの名称を使っています。そもそ も健康 BPJS は労働 BPJS の中にあった健康保障 Jaminan Kesehatan を移行したものです。労働 BPJS は公務員や軍、国有企業用の社会保障プログラムと以前 Jamsostek と呼ばれた民間企業用の社会 保障プログラムを統合させて結成された組織です。これまで別々に運用していたいくつかの社 会保障プログラムを統合し、国民健康保険としての健康 BPJS とあらゆる労働者を対象とした労 働 BPJS が 2014 年 1 月 1 日に設立されました。労働 BPJS はその前の母体も⾧期間の経営経験が あるため比較的落ち着いた操業が行われていますが、健康 BPJS は民間企業では既定よりよいス ペックの保障を行えば加入義務がなかったものであり、その上いきなり労働者だけではなく貧 困層への補助も含めた国民健康保険となってしまったため、現在に至るまで病院への不払い、 赤字の連続という問題を繰り返しています。

労働 BPJS の5つのプログラム

労働 BPJS はもともと労働災害保障 Jaminan Kecelakaan Kerja(略称 JKK)、死亡保障 Jaminan Kematian(略称 JK)、老齢保障と健康保障の4つのプログラムからなっていました。健康 BPJS と 分れた際健康保障はなくなりました。2015 年に年金保障 Jaminan Pensiun(略称 JP)が始まり、再 び4つのプログラムが動きました。年金保障は 15 年間の加入期間を経て初めて月額での年金支 給が開始されるため、定年後の一時金として掛け金に運用益を追加した金額を受領します。
一方で老齢保障は雇用関係が終了した会社からの文書である就業証明書 Surat Keterangan Kerja を 提出することでそれまでの掛け金に運用益を追加した金額を一時金として受領することができ ます。ですから失業保障としての機能も兼ね備えていたのですが、オムニバス法により失業保障 Jaminan Kehilangan Pekerjaan(略称 JKP)が追加され、2022 年 2 月より受給が可能となったため、 老齢保障の失業保障としての機能をなくし、純粋に定年退職後の老齢保障として機能させよう としたのが今回の老齢保障の受給年齢規定の改定でした。ただ失業保障の受給開始やその内容 の周知が十分でなく、労働者の積み立て分を受け取れなくなるような錯覚に陥り、今回の大反 対となったのです。もうしばらく失業保障の実例を静観する必要がありそうです。

関連法規:2011 年法律第 24 号 UU-24/2010、2021 年政令第 37 号 PP-37/2021




著者:PT. Phoenix Strategy Indonesia / 国際会計税務コンサルティング事務所
(労務コンサルタント:高岡結貴  税務コンサルタント:吉尾牧子)

無限の可能性をつなげる未来へ
フェニックス・アカウンティング・グループは、日本及びアジアを拠点とするコンサルティング、税務、監査、アドバイザリーサービスを提供する会計プロフェッショナル集団です。日本企業の国際化に伴い、アジア地域の国際展開をしています。日本及び各拠点間で連携し進出企業様のご支援をいたしております。

PT. Phoenix Strategy Indonesia オフィシャルサイト

PT. Phoenix Strategy Indonesia 会社概要

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で海外情報ナビをフォローしよう!

関連記事一覧