イスラム教最大級の祝祭「ハリラヤ・ハジ」とは 

マレーシア

2022年7月10日 マレーシアは祝日です。
「Hari Raya Haji (ハリラヤ・ハジ)」と呼ばれる、イスラム教の最大級の祝祭の日です。日本語では「犠牲祭」と訳され、イスラム歴の12月(巡礼月)の10日目にあたります。
ハリラヤ・ハジは何をする日なのでしょうか?
今回の記事では、ハリラヤ・ハジについて解説します。

イスラム教最大級の祝祭「ハリラヤ・ハジ」とは

   著者:マレーシアgramフェロー Malay Dragon 
公開日:2022年7月10日

Hari Raya Hajiの意味

このハリラヤ・ハジという祭りはイスラム教徒にとって2つの意味を持ちます。
そのひとつは、メッカ(聖地)への巡礼の祭りという意味です。
メッカ巡礼は、イスラム教徒の義務である「5行」の中でも最も重要とされています。
巡礼のため、毎年国内外から200万人以上の敬虔なイスラム教徒たちがメッカを目指すことから、別名「巡礼祭」とも呼ばれています。
イスラム教徒は一生のうちに1度は聖地メッカの巡礼を行うことが義務付けられており、そしてその巡礼の最終日を祝うのがハリラヤ・ハジです。
メッカ巡礼を終えた男性は「ハジ」、女性は「ハジャ」と呼ばれます。
この祭りの2つ目の意味は、犠牲祭です。
神の預言者イブラヒムが、息子を犠牲にするように命じられる夢を見て、息子をアラーの神の犠牲にすることを決めたのに対し、その信仰心に感動した神が、息子の命の代わりにヤギやヒツジ、牛などの家畜を犠牲にすることで息子を救ったという言い伝えから、動物を生贄として捧げるようになりました。
ハリラヤ・ハジの当日、イスラム教徒は午前中モスクで祈りを捧げ、そのあとヤギや牛などを生贄としてイスラム教の手順で屠殺、血抜きして捌き、捌いた肉は、午後2時ごろからモスクで配布されるそうです。
また、犠牲となった家畜の肉は梱包され、イスラムコミュニティでも特に貧しい家庭へ配られるそうです。ハリラヤ・ハジは、富を分かち合うというイスラム教の教訓を再認識するための儀式であり、イスラム教徒にとって非常に大きな意味を持つ祭典とされているのです。

東南アジアでもお祭りムードに華やぐ

東南アジアからも多くのイスラム教徒がメッカ巡礼に向かいます。
マレーシア発のLCCであるAir Asiaでは、この巡礼のための特別な航空便があるほどです。
マレーシア以外でも、シンガポールやインドネシアでもこの日を祝日に制定しています。
街にはきらびやかな飾りや電飾が施され、セールを行う店舗や、イスラム料理を振る舞う屋台もたくさん路上に出現します。
イスラム教徒であるマレー系が多いジョホール州では、ハリラヤ・ハジは断食明けのハリラヤ・プアサよりも大切な祝日とされていて、この日を家族と過ごすために帰省する人で毎年大変な渋滞が起こります。以前シンガポールに住んでいた時に、妻の故郷であるジョホールにこの時期に帰省したことがありますが、片道半日がかりとなるほどの凄い渋滞でした。

命の尊さを知る

このハリラヤ・ハジは、人間が生きていくためには他の生き物の生命が必要なことを肌で感じることができる機会です。
また、毎日美味しく食事をいただけることに感謝して、日々を大事に過ごしていきたいと感じます。
子どもにはショッキングな場面が多いこの祝祭ですが、命の尊さを知る大事な機会になることは間違いないでしょう。


 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で海外情報ナビをフォローしよう!

関連記事一覧