マレーシア人の平均寿命は74.8歳

マレーシア

先日統計局から、2023年に生まれたマレーシア人の新生児の平均寿命は推定で74.8歳であることが発表されました。

2021年には74.0歳で、2022年は新型コロナウイルスの感染拡大が影響して73.8歳と低下していました。

脂っこくて強烈に甘い食べ物が多いマレーシアなので、平均寿命が気になるところです。

今回はマレーシア人の寿命について詳しく紹介します。

マレーシア人の平均寿命は74.8歳  

   著者:マレーシアgramフェロー Malay Dragon
公開日:2023年11月23日

男女別・民族別では

マレーシアの男女別の平均寿命は、男性は72.5歳、女性は77.4歳でした。

2022年は男性は71.5歳、女性は76.4歳と、どちらも前年より長くなっています。

統計では男性に比べて女性の方が4.9歳長生きであることがわかります。
また、注目の民族別の平均寿命は、華人系の人が最も平均寿命が長く、男性が74.4歳で女性が80.2歳でした。

マレー系の場合は男性が71.5歳で女性が76.4歳、インド系では男性が67.6歳で女性が75.9歳、ブミプトラと呼ばれる先住民族は男性が71.4歳で女性が75.9歳となっていて、民族ごとで平均寿命で差が出ていることが明らかになっています。
さらに、州・地域別の男女を合わせた平均寿命では、クアラルンプールの隣のセランゴール州が最も長く78.1歳で、クアラルンプールが76.5歳と続き、東マレーシアのラブアンが76.1歳、さらに首都機能のあるプトラジャヤは75.3歳でした。一方で、平均寿命が最も短いのはトレンガヌ州の71.2歳で、地域でも差が出ています。

平均寿命の伸長

1960年には、マレーシアの人口は約815万人で、平均寿命は59.99歳でした。この60年余りで15歳近く伸びています。

ただ、10年以上75歳代で停滞しており、順調に平均寿命が伸長した日本や、隣国のシンガポールとは違った動きとなっています。

マレーシア人の死因

マレーシア人の死因は、心筋梗塞などの心疾患がトップで、以下、肺炎、脳血管障害、交通事故で、心血管の疾患による死亡のケースでは75% という驚くべき数字になります。

心血管の病気が多い理由は、以前もこの記事で紹介しましたが、マレーシアの国民肥満調査によると、マレーシア成人の50.1%が太りすぎであり、政府は肥満の原因として「ココナッツ・オイル中心の伝統食過剰」「砂糖の過剰」「食用油の過剰」「運動不足」を挙げています。

マレーシアでは、18歳以上の糖尿病患者が総人口の18.3%にあたる約390万人おり、特に18~35歳では、過去15年で糖尿病患者数は300%増加しています。

政府は、無自覚な若者の糖尿病患者がこれから増えていくことを危惧しています。

人口高齢化と貧困も影響

マレーシアの60歳以上の人口は、20年前に比べると2倍以上に増加しました。この高齢者層の大幅な増加は、平均寿命の伸長のみならず、マレーシアの社会的、経済的発展に影響を与えており、医療制度に多大な負担を与えています。

また、農村部や恵まれない地区、東マレーシアなどの貧困の中で生活している人は、死亡リスクが高くなり、また、マレーシアの高齢者の半数以上が貧困の中で暮らしている統計も出ており、収入の差によって医療資源にも格差が生まれているのが現実です。

自分で健康に責任を持つ

マレーシアに来ると、多文化の影響で、さまざまな民族や文化のおいしいグルメを味わえます。また、日本や隣国シンガポールのように、公共交通機関が効率的に発達していないため接続が悪く、ほぼ車で移動することになります。

また、暑さや道路や交通状況の悪さから、ちょっと近所のスーパーへ買い出しという際にも、自転車を利用する機会はほとんどなく、車を使うため、どうしても運動不足になってしまいます。

マレーシアに赴任されたときには、自分で自分の健康を管理するように心がけましょう!

Malay Dragon

5,037 views

マレーシア・シンガポール在住のgramフェロー 経済上から時事ネタ、現地のマナーまで幅広く執筆。

プロフィール

関連記事一覧