【最新情報】コロナ禍のタイ入国について解説(2022年3月8日現在)

タイ

ロイターのCOVID-19トラッキングサイトによると、2022年3月8日時点で、タイの新規感染者数は平均で1日22,275人の陽性が報告されています。これは1日の平均人数がピーク時だった2022年3月3日の95%となります。
パンデミック開始以降、報告されている感染者は総じて3,047,857人、死者は23,300人となっております。

外務省が定める感染症危険レベルは3の【渡航中止勧告】です。

2022年3月1日以降、日本からタイへ入国するには、
・隔離免除措置(Test and Go)
・サンドボックス制度*
・AQ(Alternative Quarantine)制度
での入国が可能となっています。

*サンドボックス制度=国際線でタイへ入国する新型コロナウイルスワクチン接種済みの外国人観光客は隔離措置が免除され、対象エリア内を自由に旅行できるというタイ政府が試験的に開始した観光再開計画のこと(タイ国政府観光庁ホームページより)。現在対象となっているエリアは、プーケット県、クラビー県、パンガー県、タオ島、パガン島、サムイ島、チョンブリ(バンラムン郡、パタヤ市、シラチャー郡、サタヒープ郡(ジョムティアン地区、バーンサレー地区に限る))、トラート県(チャーン島郡)となっていますが、詳細についてはタイ国政府観光庁のホームページにてご確認ください。
◇タイ国政府観光庁ホームページ サンドボックス制度について:https://www.thailandtravel.or.jp/phuket-sandbox/

*入国に関する条件等は政府指示のもと変更がありますので、必ず最新情報をご確認ください。(本記事は、2022年3月8日の時点での情報をもとに構成しております。)


コロナ禍のタイ入国について解説

   著者:gramフェロー 
公開日:2022年3月9日

1.タイにはどんな人が入国できるの?

現在は、必要な措置・基準を満たせば、タイに入国することができます。

2.出国前に準備しておくこと

出国前に必要な書類や手続きは、タイへの入国時に利用する制度によって異なってきます。

出典:https://www.tokutenryoko.com/news/passage/10598#testandgo

<隔離免除入国措置を利用する場合>

1.パスポート

2. 有効なビザまたは再入国許可証の準備
日本国籍のパスポート、または、「観光ビザ免除国籍リスト」に示されている対象国籍のパスポートをお持ちの方は、2020年12月22日以降で、観光目的とする30日以内の滞在であればビザ免除が認められます(短期出張には業務ビザの取得が必要)。
◇観光ビザ免除国籍リスト:http://site.thaiembassy.jp/upload/pdf

なお、ビザが必要な方のビザ申請は、オンラインで行うことができます。
◇在東京タイ王国大使館:https://site.thaiembassy.jp/jp/visa/prepare/

3.Thailand Pass申請後に発行されるQRコード
Thailandpassとは、2021年11月1日より運用開始されたタイへの事前入国申請の際に利用するシステムのことで、それまでの入国許可証(COE)に替わるもの。
◇Thailand Pass申請サイト:https://tp.consular.go.th/en/plan

4. 英文ワクチン接種証明書
タイ政府公衆衛生省、または世界保健機関が承認した新型コロナウイルスワクチンの接種完了証明書(遅くともタイへの入国の14日間前までに接種完了要。両親または保護者と一緒に渡航する6~17歳のお子様については接種証明書は不要ですが、単独で渡航する12~17歳の渡航者については承認されたワクチンを少なくとも一回接種していることが必要)。

5.タイへの渡航前72時間以内に受検したPCR検査の陰性証明書
陰性証明書を所持する両親に同伴する6歳未満の渡航者については陰性証明書は不要ですが、タイ到着時に唾液による検査が実施されます。

6.英文医療保険証の準備
タイへの入国に際し、新型コロナウイルス感染症及び関連疾患の治療費を含む2万USドル以上の医療保険への加入が必要となります(12歳未満のお子様でも加入が必要)。

7.SHA Extra Plus (SHA++)ホテルの到着一日目についての宿泊予約確認書
SHA Extra Plusホテルとは、タイ政府観光庁が定めるAmazing Thailand SHA Plus基準を満たし、従業員の7割がワクチン接種を終えていて、当地でのRT-PCR検査のために認定病院と提携しているホテルを指します。
◇SHA Extra Plusホテルリスト:https://web.thailandsha.com/shaextraplus

<サンドボックス制度を利用する場合>

1.パスポート

2. 有効なビザまたは再入国許可証の準備
日本国籍のパスポート、または、「観光ビザ免除国籍リスト」に示されている対象国籍のパスポートをお持ちの方は、2020年12月22日以降で、観光目的とする30日以内の滞在であればビザ免除が認められます(短期出張には業務ビザの取得が必要)。
◇観光ビザ免除国籍リスト:http://site.thaiembassy.jp/upload/pdf

なお、ビザが必要な方のビザ申請は、オンラインで行うことができます。
◇在東京タイ王国大使館:https://site.thaiembassy.jp/jp/visa/prepare/

3.Thailand Pass申請後に発行されるQRコード
Thailandpassとは、2021年11月1日より運用開始されたタイへの事前入国申請の際に利用するシステムのことで、それまでの入国許可証(COE)に替わるもの。
◇Thailand Pass申請サイト:https://tp.consular.go.th/en/plan

4. 英文ワクチン接種証明書
タイ政府公衆衛生省、または世界保健機関が承認した新型コロナウイルスワクチンの接種完了証明書(遅くともタイへの入国の14日間前までに接種完了要。両親または保護者と一緒に渡航する6~17歳のお子様については接種証明書は不要ですが、単独で渡航する12~17歳の渡航者については承認されたワクチンを少なくとも一回接種していることが必要)。

5.タイへの渡航前72時間以内に受検したPCR検査の陰性証明書
陰性証明書を所持する両親に同伴する6歳未満の渡航者については陰性証明書は不要ですが、タイ到着時に唾液による検査が実施されます。

6.英文医療保険証の準備
タイへの入国に際し、新型コロナウイルス感染症及び関連疾患の治療費を含む2万USドル以上の医療保険への加入が必要となります(12歳未満のお子様でも加入が必要)。

7.対象エリア内SHA Extra Plus (SHA++)ホテルの7日分の宿泊予約確認書
SHA Extra Plusホテルとは、タイ政府観光庁が定めるAmazing Thailand SHA Plus基準を満たし、従業員の7割がワクチン接種を終えていて、当地でのRT-PCR検査のために認定病院と提携しているホテルを指します。
◇SHA Extra Plusホテルリスト:https://web.thailandsha.com/shaextraplus

<AQ(Alternative Quarantine)制度を利用する場合>

1.パスポート

2. 有効なビザまたは再入国許可証の準備
日本国籍のパスポート、または、「観光ビザ免除国籍リスト」に示されている対象国籍のパスポートをお持ちの方は、2020年12月22日以降で、観光目的とする30日以内の滞在であればビザ免除が認められます(短期出張には業務ビザの取得が必要)。
◇観光ビザ免除国籍リスト:http://site.thaiembassy.jp/upload/pdf

なお、ビザが必要な方のビザ申請は、オンラインで行うことができます。
◇在東京タイ王国大使館:https://site.thaiembassy.jp/jp/visa/prepare/

3.Thailand Pass申請後に発行されるQRコード
Thailandpassとは、2021年11月1日より運用開始されたタイへの事前入国申請の際に利用するシステムのことで、それまでの入国許可証(COE)に替わるもの。
◇Thailand Pass申請サイト:https://tp.consular.go.th/en/plan

4. 英文ワクチン接種証明書:不要ワクチン接種の有無は問われません)

5.タイへの渡航前72時間以内に受検したPCR検査の陰性証明書
陰性証明書を所持する両親に同伴する6歳未満の渡航者については陰性証明書は不要ですが、タイ到着時に唾液による検査が実施されます。

6.英文医療保険証の準備
タイへの入国に際し、新型コロナウイルス感染症及び関連疾患の治療費を含む2万USドル以上の医療保険への加入が必要となります(12歳未満のお子様でも加入が必要)。

7.AQホテル(代替検疫施設)の7日分または10日分の宿泊予約確認書
AQ(ASQ)ホテルとは、入国後隔離のためのタイ政府指定ホテルを指します。
ワクチン完全接種者は7日間分、ワクチン未接種者及び未完了者は10日分の宿泊予約確認書が必要となります。
◇AQ(ASQ)ホテルリスト:https://www.thailandtravel.or.jp/asqhotelsinbangkok/

3.入国の際の手続きについて

前述のとおり、入国の際の手続き、入国後の流れはタイへの入国時に利用する制度によって異なってきます。

隔離免除入国
➝事前予約済みのSHA Extra Plusホテルに宿泊し、指定の場所で受けたPCR検査の結果が判明するまではホテルにて待機、行動確認アプリMor Chanaアプリをダウンロード。5日目または6日目に自主的に抗原検査(ATK検査)を実施、同アプリ経由等で結果報告。

サンドボックス制度
➝空港到着時に受検したPCR検査陰性判明後、対象エリア内の移動・観光が可能。SHA Extra Plusホテルに7日間滞在し、Mor Chanaアプリをダウンロード。到着1日目に宿泊した施設から抗原検査(ATK検査)キットを受け取り、5日目または6日目に自己による検査を実施、Mor Chanaアプリ経由等で結果報告。

AQ制度
➝AQホテルにて10日間の隔離措置中、タイ到着時及び到着後8日目または9日目にPCR検査を受ける。

◇在タイ日本国大使館 タイ入国のための「Thailand Pass]の運用方針の変更等について:https://www.th.emb-japan.go.jp/itpr_ja/news_20220227.html
◇Mor Chanaアプリ ダウンロード:
Apple:https://apps.apple.com/jp/app/morchana
Android: https://play.google.com/store/apps/details?id=com.thaialert.app&hl=ja&gl=US

4.参考リンク

◇在タイ日本国大使館:https://www.th.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html
◇在東京タイ王国大使館:https://site.thaiembassy.jp/jp/
◇大国政府観光庁:https://www.thailandtravel.or.jp/
◇タイ渡航情報(入国に必要な渡航書類、ビザ申請、COE申請、航空券手配、AQ(隔離)ホテル手配、PCR検査等の手続き手順):https://www.tokutenryoko.com/news/passage/10598
◇タイ旅行はいつから行ける?:https://townwifi.com/aftercorona/country/?code=118


 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で海外情報ナビをフォローしよう!

関連記事一覧