【最新情報】コロナ禍のアメリカ入国について解説(2022年4月22日現在)

アメリカ

2022年4月22日現在の新型コロナウィルスの感染者数は、全世界では5.07億人、アメリカでは8080万人、日本では753万人となっています。
この記事は2022年4月22日のものですので、お出かけの際はいま一度日本の厚生労働省、アメリカCDC、アメリカ大使館、お出かけになる地域の領事館、お使いになる航空会社のホームページなどをご確認くださいませ。
本記事では現状でのアメリカへ入国する際に必要となる手続き等について解説します。

*入国に関する条件等には政府指示のもと変更がある可能性がありますので、必ず最新情報をご確認ください。
(本記事は、2022年3月1日の時点での情報をもとに構成しております。)


コロナ禍のアメリカ入国について解説

  著者:gramフェロー 
更新日:2022年4月28日

1. アメリカへの入国

アメリカに入国される方はいくつかの書類を提出しないといけません。
1、承認されているワクチンの接種完了の海外渡航用の新型コロナワクチン接種証明書
2、アメリカへ出発する前日に実施した検査証明書
3、アメリカ疾病予防管理センターCDC発行の宣誓書への署名


詳しくみていきましょう。

まず書類提出のタイミングは、日本の空港のチェックインカウンターです。

【ワクチン証明書について】

ワクチンには1回接種で完了のものと2回接種で完了のものとがあります。
1回接種で完了の承認がされている新型コロナウィルスワクチンは以下です。
●ジョンソンアンドジョンソン/ヤンセン


2回接種で完了の承認がされている新型コロナウィルスワクチンは以下です。
●ファイザー
●モデルナ
●アストラゼネカ
●コビシールド
●シノファーム
●シノバッグ
これら以外の新型コロナウィルスワクチンの記載があっても、アメリカ入国の書類としては認められません。
また、ワクチン接種完了後14日以上経っていることが条件です。
アメリカでは紙ベースの書類が一般的です。

【検査証明書について】

検査証明書ですが、日本では”陰性証明”の呼び方のほうが一般的かもしれません。ただ、当たり前ですが、検査結果が陽性の場合は飛行機には乗れません。
アメリカに入国する2歳以上の飛行機利用者は検査証明書が必要です。
認可されている検査方法は以下です。
●RT-PCR
●NEAR
●TMA
●LAMP
●HADA
●CRISPR
●SDA
●抗原定量検査
●抗原定性検査
上記のいずれかの検査を行いましょう。

また、検査結果の必須記載事項は以下です。
●テストタイプ(NAATかAntigenのみでok)
●氏名、その他個人を特定できる生年月日などの2つの被験者情報
●検体採取日
●検査結果
●検査機関

CDCで、適用されるのは前日に行った検査と表記されています。ご自身の乗られる飛行機の時間をしっかり確認してから検査を行いましょう。フライトが深夜の方は要注意です。
また、過去に陽性判定を受けた方はこの検査結果に加えて回復証明書が必要になります。陽性である検査結果と検査機関のサイン入り書類を用意してください。

【CDCの宣誓書について】

CDCの宣誓書はCDCのホームページから入手できます。該当箇所にチェックをいれてサインしてください。
https://www.cdc.gov/quarantine/pdf/ATTACHMENT-A-COMBINED-PASSENGER-DISCLOSURE-AND-ATTESTATION-4-4-2022-p.pdf

2. 日本への帰国

日本に帰国する時も書類が必要です。
1、承認されているワクチンの接種完了の証明書
2、日本へ出発する72時間以内の検査証明書
https://www.mhlw.go.jp/content/000799426.pdf
タイミングは入国直前、つまり日本に帰ってきてから検疫所で提出になります。

ワクチン証明書について

アメリカに行く前に、日本で日本認定のワクチンを接種される方が多いと思います。
ワクチン接種完了の証明書には下記の事項が日本語又は英語で記載されていることを確認してください。
●氏名
●生年月日
●ワクチン名又はメーカー
●ワクチン接種日
●ワクチン接種回数

【検査証明書について】

検査の時間には十分に気をつけましょう。検査(検体採取)の時間が、出国前の72時間以内であることが必須となります。
認可されている検査方法は以下です。

●RT-PCR
●NEAR
●TMA
●LAMP
●抗原定量検査
●TRC
●Smart Amp
●次世代シーケンス
上記のいずれかの検査を行いましょう。

また、検査結果の必須記載事項は以下です。
●上記の検査のテストタイプ(唾液かなどの方法まで記載したもの)
●氏名、パスポート番号、生年月日、国籍、性別など5つの被験者情報
●検体採取日
●検体採取時間
●結果判明日
●検査機関
●検査結果

アメリカ入国よりも、日本に入国する方が項目が厳しいです。

3. どんな人がアメリカに入国できるの?

次は日本人の方、アメリカ国籍を持っていない、アメリカからみて外国籍の方にターゲットを絞ってお話しを進めていきます。
18歳以上の方はワクチン接種完了が入国の条件です。しかも接種してから14日以上経過していないといけません。
18歳未満の方、健康上の理由でワクチンの接種ができない方はこの条件の対象外となります。健康上の理由でワクチンが接種できない方は証明書の提出が必要になります。各航空会社にお問い合わせください。

4. 渡航前に必要な手続きについて

渡航前に必要な手続きをざっとまとめました。

●承認されたワクチン接種を完了し、海外渡航用の新型コロナワクチン接種証明書を用意する
 接種できない理由がある方は、その証明書を用意する
●アメリカ、日本、それぞれの規定にあった検査方法や適切なフォーマットの検査証明書を用意する
●アメリカ入国用に、CDCへの宣誓書を用意する
●過去に陽性判定を受けた方は回復証明書を用意する
●日本帰国後の隔離を望まない方は3回目(ブースターショット)を事前に接種しておく
●日本帰国後の手続きの時短を望まれる方はmySOSアプリをインストール(ファストトラックで事前に書類をアップロードできる)

また、コロナの準備はバッチリだったのにESTAを忘れる方が多いとききます。
ESTAを申請しておきましょう。
既にESTAをお持ちの方は有効期限が大丈夫か確認しましょう。パスポートもお忘れなく。

ESTAは遅くとも渡米日の72時間以上前までに申請しておくことが推奨されます。ESTA申請料は14ドルで、申請サイトを通じてクレジットカードで支払いが可能です。認証されたESTAの有効期限は2年間で、アメリカへ複数回渡航することができます。
ビザ取得が必要な場合は、アメリカ合衆国大使館(東京)もしくは総領事館(札幌、大阪、福岡、沖縄)にて申請が可能です。
また、東京米国大使館および大阪総領事館では郵送でのビザ申請を受け付けており、現在、所有しているビザの期限が有効、または失効から48か月以内であることを条件に、同一のビザ申請または更新が認められています。ただし郵送でのビザ申請を行うには、一定の資格を満たしていることが必要となります(措置は2022年12月31日まで適用)。詳しくは、下記をご参照ください。

在日米国大使館と領事館 ビザサービス:https://jp.usembassy.gov/ja/visas-ja/
◇ESTA「郵送でのビザ面接予約とビザ申請の注意点(2022年1月5日改定)」:https://esta-center.com/news/detail/990100.html#sec_visarestart

5. アメリカ入国時の検疫・制限措置など

ワクチン接種を完了していれば、隔離なしで入国可能です。むしろワクチンを接種していないと入国できません。各州・地域ごとに推奨事項・要件が異なるため、必ずあらかじめ確認したうえで渡航準備を行う必要があります。

6. アメリカ国内の新型コロナウイルス感染状況

ロシアウクライナのニュースに隠れて、コロナウィルスのニュースを目にする機会は激減しました。アメリカはwithコロナの政策をとっています。ワクチン接種が完了した人は、病院や交通機関を除いて屋外だけでなく屋内でもマスクを外していいようになりました。
現時点での1日あたりの新規感染者数の7日間平均値は3万人前後と、一時期に比べると低い値を示しています。しかし、BA.2の脅威はまだ広がりを見せ、筆者の周りでも推奨される4回目のブースターショットを接種している人がたくさんいます。感染者は引き続き一定数いますので、まだまだ油断はできませんね。

関連リンク

◇ESTAオンラインセンター「米国渡航を検討される方へ」:
https://esta-center.com/news/detail/990100.html#sec_intro
◇ESTAオンラインセンター「アメリカから日本へ帰国する際の注意点(2022年2月25日更新)」:
https://esta-center.com/news/detail/990100.html#sec_jp_from_us
◇在アメリカ合衆国日本国大使館 新型コロナウイルス関連情報:
https://www.us.emb-japan.go.jp/itpr_ja/covid-19.html#4 
◇外務省海外安全ホームページ アメリカ合衆国:https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcinfectionspothazardinfo_221.html#ad-image-0
◇アメリカ(米国)渡航情報:
https://www.tokutenryoko.com/news/passage/12849#entry_restrictions
◇アメリカ(米国)出入国情報:
https://townwifi.com/aftercorona/country/america/
◇アメリカ合衆国国土安全保障省 ESTA申請サイト:
https://esta.cbp.dhs.gov/
◇ロイターズ COVID-19 トラッキングサイト:
https://graphics.reuters.com/world-coronavirus-tracker-and-maps/ja/countries-and-territories/united-states/

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で海外情報ナビをフォローしよう!

関連記事一覧